読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

旧MacにYosemiteを入れて動作が重い場合の解消法

パソコン

旧機種でも軽快にYosemiteを 

MacBook Air Mid 2012

 

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

ボクのMacは、

 

MacBook Air Mid 2012

 

というモデルで、約2年前のモデルです。

買った時には確か、 OS X LionというOSがインストールされていましたが、その後、Mountain Lion、Mavericksとバージョンアップし、現在は、YosemiteというOSを入れています。

最新のOSをスペックのやや低い旧機種に入れるわけですから、多少、動作は重くなるのは当然ですが、Yosemiteは従来のOS X以上に、機能が豊富になり、しかも半透明のグラフィックスなど、マシンへの負担が大きくなっているようです。

Mavericksまでは軽快に動いていたMacBook Air Mid 2012も、Yosemiteを入れると、体感的にも動作が重くなった気がします。

特に使用時間が長くなってくると、ファンがフル回転するのに気付きます。

この時、アクティビティモニタで動作を見てみると、

 

WindowServer

 

という名前のプロセスのCPU使用率がとても高くなっているのがわかります。

アクティビティモニタ

 

 

これではバッテリーも持ちませんので、何とか解消してみましょう。

 

不要な演出をカット

 

必要な機能をカットするのは実用的に問題があります。

そこで、Yosemiteの見た目の特長である凝ったビジュアルをオフにしてみます。

Macの「システム環境設定」を開き、「アクセシビリティ」というアイコンをクリックします。

その画面にある、「コントラストを上げる」にチェックマークを入れます。

この時、「透明度を下げる」にも自動的にチェックマークが入ります。 

アクセシビリティ:オフ

アクセシビリティ:オン

 

 

これで、画面全体の半透明機能が無くなり、コントラストが強めになりました。

従来のMavericksまでの画面に近づいた感じです。

透明

不透明

 

 

Yosemiteの売りである美しいビジュアルをオフにするのは残念ですが、動作が軽めになります。

ビジュアル面でも旧Mavericks程度の美しさは保てます。

最新機種の人には不要な設定かもしれませんが、旧機種の人は、この設定で延命させるのも良いかもしれません。

美しい半透明で軽快に動かすのは最新機種を買ってからのお楽しみってことで!

 

関連記事

Macのトラックパッドの操作性のすごさを知らない人に伝える記事 - 非天マザー by B-CHAN

パソコン カテゴリーの他の記事一覧