非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Mac上でWindowsを快適に動かせる時代

MacBook Air Mid 2012

 

 

6月に新型のiMacを導入してから、3ヶ月近くが経過しました。

それまで5年間、MacBook Air Mid 2012と言うモデルを使っていました。

11インチの画面のノートパソコンから27インチの画面のデスクトップパソコンに変わったので、環境は激変です。

 

以前はミニマリスト実践のため、パソコンも最小限でした。

とにかくノートパソコンのみ。

しかもケーブルも最小限にするため、ネット環境も無線LAN。

 

それでも良かったんですよね。何せ、ノートパソコンをたためば、デスクはすっきり。

しかも外へ持ち出せます。

 

さらに、Parallelsを使って、Macの中でWindowsも使っていました。

 

 

 

 

仕事上、どうしても、Word、Excelなどを使う必要があり、もちろんMac版のWordやExcelもあるんですが、互換性が完璧ではありませんでした。

なので、Macの中でWindows。

これのおかげで別途、Windowsパソコンを所有する必要も無く、モノが減らせて、ホントに大活躍でした。

 

ただし、非常に重かったです。

重いと言うのはMacBook Airの物理的な重量では無く、処理速度のことです。

ボクが使っていたMacBook Airは当時の最上位モデル。

インテルのCore i 7搭載、8GBメモリー搭載。

それでも、さすがにMac上でWindowsも同時に起動させるわけですから、処理はそれなりに重くなります。

なので、ホントに必要な時だけ、Parallelsを実行していたんです。

 

 

iMac Retina 5K 2017

 

 

パソコンの中で別のパソコンを動かす。

そりゃ、重いわな〜。

それに耐えながらの5年間でした。何度も、Windowsパソコンを購入する衝動に駆られましたが耐えました。

そして、今回のiMac。

最新機種とは言え、やはりWindowsを起動すると重いのかどうか。

不安でした。

これを書いている現時点ではParallelsは最新のバージョン13を入れています。

 

結論を言えば、非常に高速で快適です。

さすが最新のパソコン。

Macの中でWindowsを動かしていてもビクともしません。

あまりにも快適なため、ボクは常時、Macを使いながら、ParallelsでWindowsも起動させたままです。

それでも、重さは微塵も感じさせません。

つまり、Macを操作しながら、いつでもすぐにWindows版のWordやExcelを使えるのです。

今度こそ、ホントにWindowsパソコンは不要です。

 

ご存じのとおり、iMacのRetinaディスプレイは5Kと呼ばれている超高解像度です。

その27インチの画面でMacとともにWindowsも動くわけです。

もうホントに非常に美しく、しかも速い。

 

以前から書いているように、パソコンとしての操作性はMacが圧勝。

日常使いでは快適すぎてMacは手放せません。

その上で、手軽にWindows版のWord、Excelも使える。

 

しかも、この秋には次のmacOSが登場し、ファイルシステムも次世代のモノになるので、さらに高速化すると予想されます。

 

もはやWindowsパソコンを購入する理由が無くなってしまいました。

 

MacでのParallelsでの動作に不安で購入を迷っているみなさん。

最新のiMacなら、無問題です。

自信を持って買ってください。

ただし、ボクの環境はメモリーが40GBあります。

そこだけご注意。8GBだとさすがに足りないです。

iMac

 

 

www.b-chan.jp