非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

残業を減らしたければマウスのケーブルを切れ

キーボード

 

 

こんなことを言うと古くさいと言われそうですが、ボクはスマートフォン全盛の現在でも、パソコンのキーボードは大発明だと思っています。

 

現代のパソコンって、マウスとキーボードがセット。

これが基本じゃないですか。

でも、マウスってそもそも、パソコンの初心者でも直感的に扱えるように存在するモノであり、その最初のポピュラーな製品がAppleのMacintoshでした。

 

確かにマウスは画期的ですが、最高速ではありません。

コピペするのに、マウスでいちいちコピー元を囲んで右クリックしてメニューを出してコピーを選んでコピー先にカーソルを持って行って右クリックして貼り付け。

 

ああ、遅い。

 

キーボードなら、

Ctrl + C

Ctrl + V

なぜキーボードが速いかと言えば、それはもう、ホームポジションのおかげです。

 

マウスの欠点は、手をいったんホームポジションから離す必要があることと、画面のメニューを目で追う必要があることです。

 

キーボードなら、ホームポジションを基本に一瞬で処理が終わります。

マウスで10秒の処理がキーボードなら1秒。

ちりも積もれば、10時間の仕事が1時間で終わり、今までの膨大な残業は何だったんだ、ってことになります。

 

 

ショートカット

 

 

久しぶりに仕事で、Excelを教える機会がありました。

知っている人には当たり前、でも知らない人は全然知らない、そんなキーボードショートカットの数々を繰り出すたびに、相手は驚きの連続。

 

例えばウインドウの切り替え。

これはExcelは関係無いんですが、ボクはあえて、Windowsキーを押しながらタブキーを押すワザを見せました。

立体的にウインドウが次々と循環するのをみながら、

 

こんなこと、できるんですね!

 

と驚きの言葉。

ちなみにAltキーを押しながらタブキーだと、地味にウインドウが切り替わります。

 

他に、Excelのキーボードショートカットとしては、

 

  • Ctrl + スペースキーで列選択
  • Shift + スペースキーで行選択
  • Alt + i r で行挿入
  • Alt + i c で列挿入
  • F2でセル内容表示
  • Ctrl + p でプリント画面
  • Ctrl + s で上書き保存
  • Alt + e s v で書式無し貼り付け
  • Alt + e s f で数式貼り付け
  • Ctrl + PageUpやCtrl + PageDwon でシート移動

 

など。

他にもたくさんありますが、最後に書いたシート移動なんて、いちいちコピー元マウスでやってるのを見ると、あまりの遅さにイライラします。

 

キーボードショートカットは自転車や自動車の運転と同じで、頭で覚えるというより、身体が覚えます。

慣れれば勝手にそうなります。

マウスの存在を忘れるくらいです。

 

そして、仕事が見違えるように速くなります。

 

と言うわけで、究極はマウスのケーブルを切ることですね。

 

みなさんも、一生に一度だけ訓練してください。

それで一生、ラクができるスキルが身に付きますから。

さっきも書いたとおり、運転と同じです。

 

ネットで検索すればキーボードショートカットなんて、いくらでも出てきますよ。

 

と言う記事を実はiPhoneで書きました。