非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

macOS10.13.5が登場。インストール後に設定すること。

macOS10.13.5

 

 

ボクがMacユーザーになったのは確か2009年からだと思います。

 

当時のOSの名前は、Mac OS X。

iPhone Xをアイフォーンテンと読むように、OS Xもオーエステンと読みます。

 

その昔、MacのOSは普通にバージョンが上がっていきました。

OS 7、OS 8、OS 9と来てたんですが、そこまでのMacのOSは、不安定だったんですよね。

ずーっと、根本的な改善が検討されていたんですが、なかなか実現せず。

で、Appleを追い出されていたスティーブ・ジョブズが作っていたNeXT社を買収して、そのOSをベースに新型のOSを作ったわけです。

それが、現在のmacOSの原型である、Mac OS Xです。

 

7、8、9と来て、X。

次は当然、11かと思われるんですが、Xが登場したのが2001年。

すでにXシリーズで17年も経っています。

ただし、途中で名前は変化しています。

最初が、Mac OS X。途中で、OS X。

今は、macOSですね。

 

そして、今日、リリースされたのが、バージョン、10.13.5。

要は、Xシリーズのままで、その中でバージョンが13まで行っているわけです。

macOS 11には、ならないのかも知れないです。

ちなみに、現在のmacOS 10.13シリーズは、High Sierra。

ひとつ前のmacOS10.12シリーズは、Sierra。

その前の10.11シリーズは、OS X El Capitanと言う名前でした。

 

 

メッセージ

 

 

数日前に、iPhoneやiPadのiOS11のマイナーチェンジがリリースされました。

 

www.b-chan.jp

 

 

メッセージアプリの内容をiCloudに保存できるようになったと言うことでした。

今回のmacOS10.13.5も同じです。

なので、macOSをアップデートしたら、その設定をしておきましょう。

 

やり方はカンタン。

メッセージアプリを起動して、メニューの環境設定画面を開きます。

その中の、

 

"iCloudにメッセージを保管"を有効にする

 

にチェックを入れるだけです。

Macのメッセージ

 

 

iPhoneとMacが密に連携する以上、Macのこの機能は必須であり、待っていたわけです。

 

そんなわけで、スマホはiPhoneを使っている人は、パソコンはWindowsよりもMacを使った方が、様々な便利な連携機能が使えるようになります。

 

詳しくは、このあたりの記事をご覧くださいませ。

 

www.b-chan.jp