非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Macでスリープが機能しない場合があるので調べてみた

Macでスリープが機能しない

 

 

ボクは自宅ではiMac、外出時はMacBook Airを使います。

外出時や夜、睡眠時は、iMacは自動的にスリープ状態になります。

 

これがMacの環境設定の省エネルギーの画面です。

iMac

 

 

MacBook Airの場合は、ノートパソコンなので、電源アダプタを接続している場合と内蔵バッテリーで動いている場合の2種類の設定画面があります。

MacBook Air電源アダプタ

 

 

MacBook Airバッテリー

 

 

いずれにせよ、パソコンをしばらく使っていない場合、自動的にスリープ状態になるように設定しています。

 

ところが、たまに、スリープにならないことがあります。

朝、目覚めたら、iMacの画面が点灯したまま。

外出先から戻ってきたら、iMacの画面が点灯したまま。

 

単なる不具合かと思って、そう言う場合には、再起動していました。

 

 

非スリープ項目

 

 

しかし、何度もそんなことが起こるので調べてみました。

アクティビティモニタと言うアプリを起動してみます。

アプリケーションフォルダの中のユーティリティフォルダ内にあります。

 

すると、「非スリープ」と言う列があるのがわかります。

ここがすべて、「いいえ」になっていることを確認しましょう。

非スリープ無し

 

 

「非スリープ」と言う項目が表示されていない場合は、項目名の部分を右クリック(2本指クリック)します。

右クリック

 

 

すると、このように、表示したい項目の一覧表が表示されるので、「非スリープ」をチェックしましょう。

ちなみに、この操作方法は、Macの他のアプリやWindowsパソコンでも同じなので、覚えておきましょう。

メニュー

 

 

ブラウザでYouTubeなんかを見ていると、非スリープの項目に「はい」が表示されます。

非スリープ有り

 

 

「はい」があれば、スリープにはなりません。

これが原因だったんですね。

ブラウザは複数のページを同時にたくさん開くことがありますよね。

なので、どこかのページで動画が流れている可能性があります。

なので、寝る前や、外出時は、YouTubeなどのページを閉じましょう。

 

スリープが機能しない場合は、アクティビティモニタを起動して、非スリープに「はい」が無いかどうかを確認してみてください。