非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

JavaScriptのオブジェクトは参照渡し

プリミティブ

 

 

はい、今回も、JavaScript学習経過で学んだことで特徴的なことを備忘録で書いておきます。

 

まずは、次のカンタンなプログラム。

 

var a = 0;
var b = a;
console.log(a);
console.log(b);
b =12;
console.log(a);
console.log(b);

 

最初に、aには0を、bにはaを代入して表示します。

すると、当然、

0

0

と表示されます。そのままですね。

そのあと、bには1を代入して、改めて表示すると、

0

1

と表示されます。bだけ中身を変えたので、aはのまま。これも当然です。

こう言う、プリミティブと呼ばれる型(数字とか文字とかtrueとかfalseとか)の場合は、変数には値がそのまま渡されます。

これが、古いボクの頭での常識でした。

 

 

オブジェクト

 

 

一方、古いボクの頭に無かった知識である、オブジェクトだと話が違います。

オブジェクトの一種である配列を使ってみましょう。

 

var c = [0, 1];
var d = c;
console.log(c);
console.log(d);
d[0] = 1;
console.log(c);
console.log(d);

 

最初にcに[0, 1]を代入し、dにはcを代入しています。

これで、cとdを表示するので、

[0, 1]

[0, 1]

と表示されます。ここまではわかりますね。

で、そのあと、dの最初の値であるd[0]に1を代入しています。

そして、cとdをあらためて表示すると、何と、

[1, 1]

[1, 1]

となってしまいます。

つまり、d[0]を変えたら、c[0]も変わってしまいました。

 

この理屈は、実は、オブジェクトの場合は、cとかdと言う変数とは別に単独で存在していて、cやdはそれを参照しているからです。

 

つまり、最初に、

var c = [0, 1];

と宣言した時点で、

[0, 1]と言うオブジェクトが作られます。

そして、cはそのオブジェクトを見るわけです。

次に、

var d = c;

と書いた時点で、dもまたcと同じ[0, 1]と言うオブジェクトを見ます。

要は、

[0, 1]

c

d

の3つが存在すると考えればわかりやすいでしょう。

cもdもオブジェクトである、[0, 1]を見ている状態です。

 

そして、

d[0] = 1;

とすると、[0, 1]と言うオブジェクトの最初の値である0が1に書き換わります。

[1, 1]

に変化するんですね。

そして、その[1, 1]と言うオブジェクトを、cもdも見ているので、cもdも両方とも、

[1, 1]

と表示されるわけです。

 

プリミティブ型の場合は、値はそのまま渡される。

オブジェクトの場合は、参照元が渡される。

 

初心者には、ややこしいですねえ。

ええ、ボクにとって、ややこしいです。

しかし、それがJavaScriptの仕様。

知っておくしかありません。

 

cとdとを別々に扱う場合は、元のオブジェクトも別々に作る必要があります。

そのやり方はいくつかあると思いますが、長くなるので、別の回に書きたいと思います。

 

この本、読み終えました。