非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

WEBサービス

WEBで使う言語

 

 

もう完全にボクの学習の備忘録的な記事です。

前回書いたように、WEBサービスを作れるようになりたいです。

今の世の中、インターネットで使うプログラミング言語にはいくつも存在しますが、やはり主流と言うモノが存在します。

 

 

クライアント

 

 

まずは、家庭のパソコンなどのクライアントコンピュータ。

ここで使う言語は3つしかありません。

 

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

 

HTMLは文章の構造を書くための言語。

今のインターネットのWEBサイトはほぼすべてHTMLで書かれていると思ってください。

WEBサービスを作るのにHTMLの知識は必須ですが、難しくはありません。

CSSはWEBページの外観を整える言語。

文字を赤くしたり大きくしたり。図を描いたり。

昔はみんなHTMLでやっていたんですが、CSSが登場して劇的にWEBページは洗練かつ先進的になりました。

これも必須です。

そしてJavaScript。これはWEBサイトを動かすための言語です。

代表的なWEBサイトはGoogleマップですね。

HTMLとCSSとJavaScriptはクライアント側のコンピュータで読み込んでWEBブラウザ上で実行されます。

いわゆるユーザー側のパソコンの処理速度が速ければ、WEBページの表示速度も速く快適になると言う話です。

 

 

サーバー

 

 

一方、サーバー側のコンピュータで使う言語は無数にあります。

どの言語を使うかは個人の自由です。

とは言え、向き不向きがあります。

昔から、JavaやPerlなどの言語がサーバー側の言語として主流です。

最近は、PHP、Python、Rubyが主流ですね。

 

ものすごく大ざっぱに言えば、サーバー側の言語で処理をして、HTMLやCSSやJavaScriptを書き出して、それをクライアント側に送信してWEBサイトとして表示するってコトです。

例えば、Google マップで検索欄に住所を入れると、それがサーバー側に送られ、サーバー側の言語が処理をして、該当するエリアの地図データを用意してそれに該当するHTMLやCSSやJavaScriptを生み出してクライアント側に送るんですね。

すると、クライアント側のWEBブラウザはそれを読み込んでパソコンの画面に表示する、と。

 

WEBサービスを作ると言うことは、ユーザーの要望を処理して返答するサービスを作るってコトです。

従来はそれは人間がやっていました。

コールセンターですね。

コールセンターに人間が電話して人間が応答してサービスを提供する。

しかし、それでは1対1のサービスしか生み出せません。

レバレッジが掛からないわけです。

コンピュータならそれを自動化し、同時に多数の注文を受け付けてくれます。

 

Twitter社が数千人の社員で数億人のユーザーを扱えるのはコンピュータのおかげ。

 

ボクはこれから、ライフワークとしてWEBサービスを作る。

まだその第一歩です。