非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

賃貸と持ち家とでは金銭面の損得では持ち家が完全にオトクな理由

賃貸と持ち家の問題

 

 

住居に関して、賃貸が良いか、持ち家が良いか、よく議論されますが、はっきり言って、好みの問題なので、正解なんて無いです。

なぜなら、諸条件が入り乱れるからです。

金銭の問題。

引っ越しのしやすさの問題。

品質の問題。

内装の自由度の問題。

 

要は、どれを最優先させるかは人によって違うので、当然、正解も違ってきます。

 

なので、今回は、過去に銀行員、現在は不動産管理の仕事をしているボクの独り言として、単純に金銭の話だけをします。

 

要は、賃貸と持ち家で、金銭面でどちらが有利か、と言う話です。

 

 

100%完全に持ち家

 

 

先に言っておくと、ボクは引っ越し好きの人生なので、賃貸物件を選択し続けています。

好みの問題です。

 

では、金銭面で考えればどうでしょうか。

 

答えを先に言うと、完全に持ち家が有利です。

 

まず、バランスシート(貸借対照表)の面で考えます。

簿記とか会計の知識がある人にはカンタンな話ですが、要は、価値の交換の話です。

例えば、あなたが5万円でパソコンを買った場合と、5万円を誰かに差し上げた場合とで考えてみましょう。

パソコンを買った場合は、あなたの財産から現金5万円が減少し、その代わりに、5万円のパソコンが増加します。

バランスシートで言えば、左側(資産の部)が入れ替わるだけです。

つまり、バランスシート全体の厚みは変わりません。

一方、5万円を誰かにあげてしまうと、あなたの財産から5万円が減少するだけです。

何も増えません。

バランスシートの左側の現金が減り、全体として厚みも減ります。

 

ここで考えなきゃならないのは、パソコンの価値は年々、減っていくと言うことです。

なので、パソコンを手に入れたとしても、その価値はやはり減っていきます。

パソコンが限定記念品などでプレミアが付いて、かえって価格が上がる可能性も無いことはないですが、基本的にはモノは減価します。

だったら、結局は、パソコンを買うのも5万円をあげるのも同じじゃないか、と言いたくなるかもしれませんが、確実に言えるのは、5万円を誰かにあげた場合は100%確実に5万円が減価するってことです。

なので、仮にパソコンの価値が下がっていっても、単に現金をあげる場合より損になる可能性は無いわけです。

まあ、パソコンを使うのに電気代やらネット料金がかかりますが、それは別の話なので、ここでは省きます。

 

会計的に言えば、バランスシートの左側に載ることを「資産計上」と言いますが、すなわち、おカネを出してモノを資産にするってことです。

税制的には5万円のパソコンだと安すぎて、普通は資産にはしませんが、今回は話をカンタンにするため、そんなもんだと思ってください。

 

持ち家を買うのもまったく同じ理屈です。

賃貸で払った家賃は戻ってきませんし、いくら家賃を払っても、不動産は手に入りません。

一方、家を買えば、おカネが減る代わりに家が手に入ります。

価値の交換ですね。

その点で言えば、さっきのパソコンと同じ理屈。

家の価値も減価する可能性は大いにありますが、最悪でも価値はゼロになるだけなので、その時点で賃貸と並ぶだけです。

 

でも、家を買うのはほとんどの人がローンを組むので、金利が大きいんだよ!

 

と言う意見があります。

そうですね。

また、持ち家の場合は、メンテナンスが必要です。

壊れたときの修理代とか。

また、固定資産税などもかかりますよね。

 

  • 金利
  • メンテナンス費
  • 税金

 

これらは持ち家に付いてくる費用です。

 

しかし、ここに落とし穴が!

 

 

賃貸でも実は払っている

 

 

賃貸の場合は、修繕は大家さんの義務ですし、固定資産税などの税金も大家さんが払います。

賃貸マンションを建設する際のローン金利ももちろん大家さんが払います。

 

ただし、それは、直接的な話。

 

すごく当たり前ですが、大家さんは、

 

賃貸経営

 

をしているのです。

当然、家賃収入を得ても赤字になるような経営はしません。

つまり、家賃を得て、その中から、修繕費や税金や金利を払っています。

その家賃を出すのは、入居者ですね。

 

結局、入居者が、その建物の修繕費も、税金も、金利も払っているんですよ、家賃と言う形で。

 

しかも、さらに、大家さんは経営をしているので、儲けを出す必要があります。

その儲けの分も家賃に含まれます。

 

ここまで言えば、わかりますよね。

 

賃貸物件に住んでいる人は、その物件の、

 

  • 金利
  • メンテナンス費
  • 税金
  • 大家さんの儲け

 

を含んで計算された家賃を負担しているわけです。

 

持ち家なら、

 

  •  金利
  • メンテナンス費
  • 税金

 

を負担し、しかも家が資産として手に入るわけです。

 

なので、答えは完膚なきまでに決まっていて、金銭面の損得だけで言えば、完璧に持ち家が有利です。

 

以上が今回の趣旨です。

 

ただし、最初にも書いたように、住居選びは金銭の問題だけではありません。

引っ越しのしやすさ、震災時の損失の大きさなど、いろんな諸条件があります。

金銭面以外を優先する人もたくさんいて、それは個人の問題です。

 

例えば、近隣に変な人が住んでいる場合、賃貸なら、こっちが引っ越して逃げやすいですが、持ち家なら、そうカンタンにいきません。

ライフサイクルにおいて、賃貸なら、子供がいる間は広い家、子供が独立したら、そんなに広くない家に引っ越すことで、コストを見直しやすいですね。

ローンを組んだら、その間に失業すれば大問題です。

持ち家に住み続けると老朽化しますが、賃貸なら、数年ごとに新しい物件に引っ越すことができます。

 

つまり、計算上の金銭の損得で言えば、100%完全に持ち家がオトクですが、リスクや趣向も含めれば、考え方は大きく変わるので、だから、この問題に答えは無いわけです。

 

ハウスメーカーや売買仲介業者は持ち家をススメますし、賃貸仲介業者は賃貸をススメます。

それが仕事だからです。

いずれも正論ですが、大切なのは、自分が何を考えるか。

ってことですね。