読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

注意!賃貸住宅を契約する人は鍵交換に気を付けよう。

鍵の問題 

鍵

 

 

毎年、1月から3月は賃貸住宅の契約の繁忙期です。

大学に入学する人や新社会人が新居に引っ越すからです。

 

ボクのように不動産業に携わり、しかも自身が何度も引っ越しを経験していればわかるんですが、一般の人にはあまり知られていない鍵の話をしてみます。

 

賃貸住宅は自己保有の住宅と違って、住人が何度も入れ替わります。

つまり、建築されて最初に住む人以外は中古の建物に住むわけです。

 

今これを読んでいるあなたがもし賃貸住宅に住んでいるのなら、その部屋には以前、別の人が住んでいた可能性が高いですね。

 

ここで問題になるのが鍵です。

 

あなたが住む部屋の鍵。

前の住人が同じ鍵を持っていて、入ってくることは無いのでしょうか?

 

それは基本的には心配ありません。

なぜなら、入居直前に鍵は交換されるからです。

 

ただし、ここからが注意。

 

鍵交換とローテーション

 

鍵を交換するのには2種類の意味があります。

交換するのは、ドアに付いている丸いシリンダーと呼ばれる部品です。

 

 

上記の製品はU9と呼ばれる一番一般的なギザギザのキーです。

で、丸いのがシリンダー。

キーとシリンダーはセットになっているので、シリンダーを交換してしまえば、以前のキーは差し込めません。

 

賃貸住宅の契約をする際によく確認して欲しいんですが、

 

  • 鍵交換
  • ローテーション

 

のどちらであるか、と言うことです。

鍵交換なら、完全に新品のシリンダーに交換されるので、あなたには新品のキーが渡されます。つまり、その部屋のキーを持っているのはあなた(と管理会社)のみです。

 

問題はローテーション。

ローテーションとはその名の通り、鍵を使い回すと言う意味です。

例えば、今回住む部屋が205号室だとします。

そのドアに、以前の801号室に付いていたシリンダーを取り付けるのです。

この場合、考えられるのは、以前、801号室に住んでいた住人が、そのキーのコピー(スペアキー)を持っているケースです。

通常は退去する際に、すべてのキーを管理会社に返却するんですが、スペアキーなんてホームセンターなどで数百円で簡単に作成できてしまいます。

なので、管理会社も住人がスペアキーを作ったかどうかなんて把握しきれません。

スペアキーを作っても住人が管理会社に正直に言わなければ、お手上げです。

そうすると、以前の801号室のシリンダーが、今回、205号室に付いた場合、以前の801号室の住人がスペアキーを使って205号室に入ることができてしまうんですよね。

もちろん、以前の801号室の住人が、今回、そのシリンダーが205号室に付いたなんてことは知らないので、その確率は限りなくゼロに近いんですが、まったくゼロとは言えませんね。

以前の801号室の住人が悪い人で、このマンションに戻ってきて、一部屋一部屋を順番に鍵を開けようとした場合、205号室は開けられてしまいます。

 

これがローテーションの問題点。

だから、ホントはローテーションなんてやめて、すべて新品への鍵交換をすれば良いんです。

でも、高いんですよね。

新品への鍵交換は2万円から3万円程度かかります。

新品のキーとシリンダーの購入代金と鍵交換の手間賃です。

 

新入生や新社会人はおカネを持っていませんし、たかだか6万円程度の家賃の部屋に住むのに鍵交換だけで3万円もとられるのは痛いですよね。

だから、鍵交換では無くローテーションを選ぶ人も多いんです。

 

ちなみに上記のU9キーでは無く、最近はこのようなディンプルキーも増えてきました。

 

 

ディンプルキーは、キーの形状がギザギザではなく、代わりに表面にいくつかの穴が開いているか溝が掘られています。

ディンプルキーはセキュリティ上は非常に安全で、スペアキーを作るにも数千円かかり、しかも住所氏名などの申請が必要です。だから簡単に複製して犯罪に使いにくいんですよね。

 

とは言え、ディンプルキーでも、ローテーションなら、やはり以前の別の部屋の住民がスペアキーを持っている可能性があるわけです。

 

もしあなたがこれから賃貸住宅の契約をしようと思っているなら、鍵のことは注意してください。

できれば、ローテーションでは無く、鍵交換することをオススメします。

 

なお、ローテーションの場合でも、同じマンション内では無く、異なるマンション同士でローテーションすれば、もっと安全だし安上がりなのでは?と思ったあなた。

鋭いです!

確かに正しい意見です。

ただ、残念ながら、賃貸住宅はたいてい、建物ごとに所有者が異なります。

Aマンションの大家さんとBマンションの大家さんは別人です。

だから、当然、それぞれの財産は分別管理しなければなりません。

AマンションとBマンションのシリンダーをごちゃ混ぜにするような管理は、まずありえません。

残念ながらと書いてしまいましたが、きちんとそうしている管理会社は健全ですし、当然のことです。

 

www.b-chan.jp