非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

断水(断水イングオールナイトじゃなくて良かった)

早朝

 

 

ボクのサラリーマンとしての仕事は賃貸住宅の管理。

日曜日の今朝もいつもどおり出勤しようと早朝から準備していました。

すると仕事用の携帯が鳴りました。

見ると同僚から?

7時過ぎです。

何事か?

聞いてみると、管理しているマンションのひとつで水が出ないと言う連絡があったとのこと。

とりあえず原因がわからないので、急いで職場に向かうことに。

職場に着くと、そのマンションの住民から、次々と電話が。

 

水が出ない。

水が出ない。

 

こうなるともう、1室だけのトラブルでは無く、マンション全体の給水システムに問題が発生していることがわかります。

 

実は世の中の住宅管理会社にもいろいろあって、

 

  • 自社で入退去の契約や手続きの管理をする会社
  • 自社で建物の設備のメンテナンスをする会社
  • その両方をする会社

 

うちの会社は手続き系の会社。

設備メンテナンスは外注しています。

 

 

ポンプ

 

 

普通に暮らしていて水が出ないと大変です。

特にトイレが使えないのはキビシいですね。

急いで設備メンテナンス会社に電話。

しかし休日で留守電に。

仕方なく、その会社の社員の個人電話に。

幸いすぐに電話に出たので、事情を伝え、現場に作業員を派遣してもらいました。

休日に申し訳ないが、住民が最優先。

現場に着いた作業員からの報告で、ポンプの不具合だと判明しました。

ブレーカーが機械の不具合で落ちてしまって給水されなくなっていたんです。

なので、ブレーカーを上げれば給水は復旧しました。

 

そのあと、ボクは、すべての住民に電話を掛けて、お詫びと報告。

午前中に迷惑を掛けました、と。

 

で、その後、午後は普通に過ごしたんですが、夜の8時にまた住民から電話。

 

水が出ない。

水が出ない。

水が出ない。

 

大変!

夜でも関係無く、同じ会社の同じ人に電話。

夜でも関係無く、作業員を派遣。

ボクも様子見。

そして現場に到着した作業員の報告で、副ポンプの動作に切り替え。

水も復旧。

しかし機械の不具合が直ったわけではないので、明日以降に点検が必要。

 

復旧したのは夜の9時半頃でした。

いつも忙しいですが、今日もまた夜まで忙しい日曜日でした。

 

みなさん、知ってますか?

マンションやアパートって、必ずしも不動産会社が所有しているわけではありません。

個人が所有しているケースも多いのです。

今回がまさにそう。

明日、点検してポンプの交換や修繕となれば、おそらく数百万円の出費。

それをマンションの個人オーナーが負担するわけです。

はたして、そんなおカネを出せるのか。

 

ボクはそんなことを心配しながら眠りにつくのですよ。

明日の月曜日から、また忙しい一週間が始まるので。