読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

元AKB48の篠田麻里子さんプロデュースのファッションブランドが行き詰まったのは当然

つぶやき ニュース

ターゲティング

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

AKB48の元メンバーである篠田麻里子さんがプロデュースしたファッションブランド店ricoriが販売不振で全部閉店したニュース。

 

篠田麻里子、手がけたブランド閉店に驚嘆 - 芸能ニュース : nikkansports.com

元AKB48篠田麻里子プロデュースのブランドが営業停止 自己破産申請へ - 芸能 - ZAKZAK

 

このニュースを読んだ時に、あれっ?と思いませんでしたか?

事業を行うにあたっては、マーケティングが重要になります。

マーケティングというのは広範に及ぶんですが、ここではターゲティングの話をします。

ターゲティングとは、誰を対象に売るか、という話です。

ricoriのターゲットは10代から20代の女性。

篠田麻里子さんの知名度を活かしたかったようですが、ご存知、AKB48というのは握手会チケット商法でおなじみの通り、男性に圧倒的な人気があります。

もちろん女性にも人気があるんでしょうが、比率あるいはマーケット的には圧倒的に男性ですよね。

その篠田麻里子さんプロデュースの若い女性向けファッション。

この時点でターゲットがおかしい気がします。

さらに高価格帯であったことも疑問です。

世の中には高価格帯がターゲットとするマーケットも、もちろん存在します。

でも篠田麻里子さんファンの若い女性は、たぶん大半が低価格帯のユーザーでしょう。

この2つの点で、ボクはターゲティングをミスしたんじゃないかという気がしていますし、別にボクじゃなくても、多くの人が気づいたんじゃないでしょうか。

AKB48を利用するなら、握手会チケットや総選挙のために大量のCDを買える男性ファンをターゲットにしたほうが確度は高いんでしょうね。

でも、篠田麻里子さんはファッションリーダー的存在だと言われています(ボクは知らないけど、そうらしいです)。

ファッションリーダー的存在の若い女性タレントなら、当然、若い女性ファッションのプロデュースをしてもおかしく無いですよね。

でも実際にはおカネを使う多くの男性ファンに支えられている。

タレントイメージって難しいですね〜。