読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneのSafariでページ内を検索する方法

iPhone タブレット

インターネット検索だけではなくページ内検索もできる

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

iPhoneでインターネットのサイトを見るときに使うSafari。

Safariの一番上の欄に文字を入力すれば、インターネットを検索できますよね。

実は、ページを開いたら、そのページ内も同じように検索できるんです。

やり方は簡単。

まず、検索したいページを表示したら、画面の一番上をタップします。

画面の一番上をタップ

 

すると入力欄が現れるので、そこをタップ。

入力欄をタップ

 

文字を入力します。

文字入力 ひらがな 漢字

 

ここでキーボードの「開く」を押してしまうとインターネット検索になってしまうので押さないように。

「開く」は押さない

 

画面のキーボード以外の部分を少し上か下にスワイプします。

上か下にスワイプ

 

するとキーボードが消えて画面全体が見えるようになりました。

全体を表示

 

画面が3つの部分に分かれています。

 

  • Google検索(あるいはYahoo検索もしくはBing検索)
  • ブックマークと履歴
  • このページ

 

3つの部分

 

今回使うのは、「このページ」の部分です。

これがページ内の検索結果であり、この場合、4件の結果があったことがわかります。

では、この項目をタップしましょう。

「このページ」をタップ

 

ページが再び表示され、該当の語句が黄色で強調表示されています。

強調表示

 

画面一番下の左右の矢印で次の該当箇所へ移動することができます。

他の該当箇所

 

1カ所目 2カ所目 3カ所目

 

検索モードを終わる時は画面一番下の「完了」をタップします。

以上です。

このワザって結果がキーボードに隠れてしまって見えないこともあるので気づいてない人も多いのでは?

上記のとおり、画面を上下どちらかにちょっとスワイプすればキーボードが消えて見えるようになるんですけどね。

 

関連記事

iPhoneのメモアプリ内の文字を検索する方法 - 非天マザー by B-CHAN

手書きもせずキーボード入力も使わずに一番ラクに簡単にiPhoneでメモを取る方法 - 非天マザー by B-CHAN

ガラケーには真似できない!iPhoneが壊れたり盗まれてもiPhoneで撮った写真を失わない方法 - 非天マザー by B-CHAN

iPhoneのSafariで2ページ以上前のページに一気に戻る方法 - 非天マザー by B-CHAN

鉄道の経路検索の結果をiPhoneのカレンダーに簡単に登録する方法 - 非天マザー by B-CHAN