読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

月収5万円アップのためのブログ入門…その10.なぜ5万円なのか

SEO,ブログ,ネット収入

大金持ち

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

この連載も10回目に来ましたよ!

世の中には情報商材というのがあって、

 

ネットで楽して大金持ち!

 

みたいなことが書いてあるわけです。

ボクは別に、ネットで楽して大金持ちになる人なんていないと言う気はありません。

実際にいるでしょう。

しかし、それを目指す非効率性を考えて欲しいのです。

 

例えばですよ。

あなたがいま立っている場所から100メートル先へ移動したいとします。

100メートル先に落ちているおカネを先に拾った人がもらえるルールがあるからです。

どうしますか?

まったく動かずにその場で立ち止まっていたら、突然突風が吹いてきて、あなたをフワリと飛ばしてくれて、100メートル先まで運んでくれる。

それを期待しますか?

しませんよね?

100メートル先まで全力で走りますよね?

そりゃ、突風が吹く可能性はゼロでは無いですよ。

でも突風でそこまで行ける確率を考えてみてくださいよ。

突風に掛けるなんて、成功する確率は限りなくゼロに近いんです。

それよりも自分で全力で走っていった方が、はるかに高い確率でおカネを先に拾えますよね。

 

つまり、実現可能性の話なんです。確率の話なんです。

 

ネットで楽して大金持ちになれる確率はゼロでは無いですが、それは突風を待つのと同じです。

それよりも全力を出した方がはるかに可能性が高いんです。

だから、楽しておカネ儲け、ではなく、がんばっておカネ儲け、を目指して欲しいんです。

 

5万円

 

5万円に設定したのも同じ理由です。

ブログで月に100万円稼ぐ人も、ごくごく一部にいます。

しかしそれが5万円になると比較的たくさんいるんです。

つまり確率がグッと上がります。

突風では無く全力疾走です。

実現可能性です。

実現しそうも無いことを待つより、実際に実現しそうなことに取り組んで欲しいんです。

そりゃ、誰だって大儲けしたいでしょう。

でも期待値が低すぎます。

 

www.b-chan.jp

 

ブログだけで生活したい人は5万円では足りないでしょう。

しかしこのシリーズのタイトルをよく見てください。

月収5万円アップです。

つまり、既存の月収に加えて、さらに増やそうという話です。

例えばあなたがサラリーマンなら月収が5万円増えれば大きいですよね。

しかもその5万円は実現可能性が高いわけです。

 

そう。このシリーズのターゲットはサラリーマンなんです。

サラリーマンの人って多いですよね。

ボクはそういう大きなマーケットをターゲットにしてこのシリーズを書いています。

 

ネット上には、ネットで大儲け的なページは無数にありますが、ネットで5万円だけ稼ぐようなページはあまりありません。

ボクは最初から差別化を狙っているのです。

計算です。

 

他のカネ儲けのサイトに埋まらないように、しかも実現可能性の高い連載として、このシリーズを企画しました。

 

これ、みなさんにヒントを出しているんですよ。

 

差別化

 

このブログでも何度も書いてきましたが、他の人と同じようなことを書いていてもアクセス数は増えません。

例えば、iPhoneの新型が発表されたときに、

 

iPhoneの新型が発表された

 

という記事を書いても意味がありません。そんなの無数にいますから。誰でも知っているのです。

 

iPhoneの新型が発表されて、自分はどう思ったのか、どういう発見をしたのか。

それを自分の言葉で書く必要があるんです。

それが差別化です。

 

差別化をするには差別化された生き方をしないと、なかなか身につかないものです。

 

ボクは以前から書いているとおり、テレビを見ていません。もちろん自宅にテレビもありません。

世の中の大半の人はテレビを見るので、ボクはごく少数のタイプの人間なわけです。

他の大勢の人がテレビから情報を得ている間、ボクは他のことをして知識や経験を吸収しているわけです。

 

一夜漬けではなく習慣化。

ほら、これも何度も行ってきましたよね。

 

結局、何かを達成するために必要なことは、そうやって集約されていくわけです。

 

もし、ブログで稼げない大勢の人では無く、ブログで稼ぐ一部の人の仲間入りをしたいのなら、その意識を持って暮らしてみてください。

 

www.b-chan.jp