読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ブログ記事がバズるとGoogleアドセンスの収益性は落ちる

SEO,ブログ,ネット収入

検索流入とバズ

 

ボクのこのブログは収益獲得を目的としています。

ボクはこのブログの収益で生活しているからです。

遊びでも小遣い稼ぎでも無くビジネスであり真剣です。

 

だから多くのアクセス数を得る必要があります。

多くのアクセス数を獲得する方法は主に2つあります。

  • 検索流入
  • バズ

 

検索流入は文字どおりです。誰かがGoogleのような検索エンジンで検索した時に上位表示され、そこからアクセスを得ることです。

バズは「バズる」という動詞も使われますが、とにかく記事がヒットすること。例えば数多くのはてなブックマークを集めればヒットします。

 

特徴として、検索流入は長期化するのに対し、バズは瞬間的に終わります。

 

例えば以下の2本の記事は2013年に書かれたモノですが、2016年の今でも毎日、数百のアクセス数を稼いでいます。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

こう言ったロングテール記事がボクのこのブログにはたくさんあります。

記事数自体も現時点で2400本以上ありますしね。

 

www.b-chan.jp

 

一方のバズ記事。

数日前にバズったのがこちら。

 

www.b-chan.jp

 

1日で数万回読まれましたが、いまはもう落ち着きました。まだ1週間しか経っていないので、1日に数百回は読まれていますが、それでもすでに上記の2記事よりは下です。

Googleで、

 

Excel スキル

 

で検索しても上位20位に入るのがやっとです。

 

バズは収益に悪影響

 

ほんのすこし前、ブログ収益向上化の記事を書きました。

 

www.b-chan.jp

 

なかなか調子が良かったんですよ。

ところが上記のExcelスキルの記事が大ヒットしてから、収益力は落ちました。

なぜだかわかりますか?

答えはこの記事にあります。

 

www.b-chan.jp

 

結局、広告というのは効果が無いと意味も無いわけです。

アクセス数が多くても広告の中身に興味が無い読者ばかりだと、そのブログは広告主からの評価が下がります。

必然的に単価の安い広告ばかりになっていくんです。

だから収益性が落ちます。

 

きちんと検索で見に来てくれた読者は、最初からそのテーマで閲覧目的で見に来ているので、その記事内の関連広告にも比較的高い関心を示してくれます。

よって、広告効果も高くなります。

 

はてなブックマーク互助会で見せかけのアクセス数を稼ぎバズを狙っている人は効率が悪いということです。

さっきのボクのExcelスキルの記事も、アクセス数が多かったので収益も多かったですが、それでも、アクセス数の割には多かったとは言えません。

アドセンスのRPMは普段よりも低くなりました。

アクセス数が5倍多くても収益は5倍も無かった、ということです。

そして、そのせいでボクのブログの、広告主に対する評価は下がってしまい、数日経った今もRPMは低いままです。

 

目先の収益も大事ですが、ブログできちんと稼ぐなら長期的展望に立った方が良いです。

そう考えると、バズはむしろ悪影響です。

はてなブックマークの数稼ぎも悪影響です。

 

やはり検索流入で、目的意識を持った読者を増やすこと、言い換えれば、読者の期待に応える記事をたくさん書くことが大事です。

ホント、商売の基本ですね、ブログも。

 

www.b-chan.jp