非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

才能の無いブロガーがアクセス数上位1%以内に入る方法

ブログ報告を見る楽しみ

 

 

月初になると、たくさんのブロガーが前月のブログの報告をします。

ボクはそれらを見るのが楽しみなんですよね〜。

 

そして、毎月のように、拾って来ては、こちらで紹介するわけです。

今回は、こちらを紹介しましょう。

 

nikorich9.hatenablog.com

 

 

記事数はまだ20数本なので、始まったばかりですね。

人気ブロガーに倣って、がんばって書き続けているようです。

 

書き続けると言うキーワードに敏感なボクです。

 

ちなみにボクのこのブログ。

すでに何度も書きましたが、連続執筆記録を更新中です。

今回のこの記事で、1206日連続執筆です。軽く3年以上、1日も休まずに書いています。

ここまで連続で執筆しているブロガーは日本でも数えるほどじゃないですかね。

トータルの記事の本数は2908本目。

もうすぐ3000本ですね。イチローのメジャーリーグ安打数を超えるのが目標ですから。

1日のアクセス数(ページビュー)は4桁。去年は5桁だったので、減りましたね。

まあそれでもブログの収入で生活できる程度です。

ちなみに、1日のページビューの過去最高は忘れもしない2014年9月15日で、その日はたったの1日で33万ページビューを超えましたよ。

その翌日は28万ページビュー。つまり2日間だけで60万ページビューを稼ぎました。

もちろん、収入も驚くほど増えました。

まあ、あれは、まぐれです。

スマートニュースでもグノシーでも無く、Yahoo!ニュースに載りましたからね。桁違いです。

1ヶ月の最高ページビューはもちろん2014年9月の85万ページビューです。

 

 

ブログで稼ぐこと

 

 

ボクの場合、人生で紆余曲折がありました。

勤務先の倒産も数知れず。

その中で学びました。

とにかく収入源は複数持っておくこと。

そのひとつがブログです。

ブログで収入を得る話も何度も書いて来ました。

 

www.b-chan.jp

 

 

お小遣い稼ぎでは無く生活費を得ること。

最初からそれが目的です。

 

例えばサラリーマンが給料を得るためには、週休2日だとして週に5日はきちんと勤務する必要がありますよね。

ブログも同じなんです。

今日は気が乗らないから会社を休もう。そんなことを繰り返していてはクビになります。給料と言う収入源が絶たれます。

それと同じ。ブログも継続しないと収入になりません。

ただし、継続するだけなら、小中学生が学校に通うのも同じですよね。

小中学生は学ぶ期間中です。

他人に能力を提供する側では無く、他人から能力を学ぶ側です。

しかし職業人は違います。

他人に能力を提供して何らかの役に立ち対価を得るわけです。

能力を提供して役に立つ場合、それが、まぐれであると不安定ですよね。

例えば、理容師と言う仕事をするのに、ちゃんと髪を切れるのが2回に1回だとダメなわけです。

そりゃ、たまには失敗することもあるでしょうけど、100回お客さんがくれば失敗が許されるのは1回未満。

10回も20回も失敗してはダメなわけです。

 

一方、パズドラでおなじみのガンホー。

モンストでおなじみのmixi。

 

出すアプリ出すアプリが次々とヒットしているわけではなく、あくまでもパズドラやモンスト頼みの経営です。

 

そのやり方は、ブログで稼ぐには向いていません。

はてなブックマークがたくさん付いてバズると言うのは、パズドラやモンストと同じです。

継続して狙うのはかなり難しいです。

それよりも理容師と同じく、毎回きちんと仕事をする方がはるかにハードルは低くなります。

それはブログで言えば、検索流入です。

はてなブックマークやSNSなどでのバズは一瞬で燃え尽きます。

しかし検索流入は長期的に続きます。

ボクのこのブログも、当面、何も書かなくても、毎日数千件のページビューは得られるはずです。

なぜなら、過去の記事が今でもアクセスを獲得しているからです。

つまり、それらの記事は検索結果の上位にいるわけです。

 

ブログに正解はありません。

どんなブログを書くのも、どんな運営をするのも個人の自由です。

たくさんのアクセス数を稼ごうが、少数のアクセス数にとどまろうが、それも自由。

 

しかし、もしボクのように、ブログの収入で生活し続けようと思うのであれば、一発狙いやはてなブックマーク狙いではとても続きません。

確実に検索流入が必要です。

 

すると、必然的に時事ネタは重要性が薄れます。

 

さっき、2014年9月15日のボクの記事は1日で33万ものページビューを獲得したと書きました。

その記事はiPhone6の発表についての記事です。

当たり前ですが、2017年の今、iPhone6について関心を寄せる人はあまりいません。

 

もし、しょっちゅう、パズドラのような大ヒット記事を書く才能があるのなら、その戦略でも良いでしょうが、残念ながらボクにはそれはありません。

ただし、誰にも負けない勉強量を自負していますので、広範で深い知識は持っています。

それは、時代に左右されない知識です。

 

 

この記事は3年以上も前の記事ですが、ボクの2900本以上の記事の中で、昨日、一番多くのアクセス数を稼ぎました。

 

www.b-chan.jp

 

もちろん内容が古いので現状とはそぐわない点があるんですが、とにかく、時事ネタでは無く、普遍的な記事ほど、ブログに貢献してくれると言うことです。

 

ちなみに第2位はこれです。4年以上前の記事ですよ。

 

www.b-chan.jp

 

 

とにかく時事ネタは大変です。一瞬のバズが低い確率でまぐれで狙えますが、一瞬で終わります。

 

テレビやネットのニュースで得られるような知識はほとんど価値はありません。

なぜなら、世の中の大半の人はテレビやネットを見るからです。

みんなが知っていることを学んでも、それを他人に提供したところで役には立たないんです。

 

www.b-chan.jp

 

 

そんなことをブログに書いても、何のオリジナリティも無いので、特定のファンは得られません。

だからボクはマイノリティーになることをススメるんです。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

 

もし、あなたがボクと同じで、ホームランを連発するスラッガーでは無いのにアクセス数を稼ぎたいのなら、ぜひ、ヒットを積み上げてみてください。

1ヶ月連続で書くことは誰でもできますが、1年連続で書くことはほとんどの人ができないので、それだけでも差別化要因ですよ。