読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

雑記ブログで稼ぐボクのやり方

雑記ブログ

執筆

 

 

ブログを書きたい人はたくさんいます。

そして、ブログで収入を得たい人もたくさんいます。

ボクはそれはとても良いことだと思っています。

なにせボク自身が実践してますからね。

 

で、世の中には専門的なブログと雑記ブログがあります。

専門的なブログはジャンルを絞ったブログ。

雑記ブログは何でもありなブログだと思えばいいでしょう。

 

雑記ブログでは収益をあげにくいと言われています。

一方で雑記ブログは書きやすいです。

なにせ書くジャンルは何でもいいんですから。

ボクのこのブログも雑記ブログの体裁をとっています。

 

専門ブログ

 

専門ブログを始めるには、それなりに覚悟が要ります。

専門ブログで長続きするためには、その専門分野の記事をずっと書き続ける必要があり、その専門家である必要があるからです。

例えば、ボクは、食品業界で一度も働いたことはありません。

そんなボクが食品業界に関するブログをずっと書き続けられるでしょうか。

書き続けるとしたら、食品業界のプロ並みに勉強が必要ですが、勉強だけでは経験値は得られません。業界の慣習も知りません。

記事を書くことはできますが、経験者を上回る専門性のある記事は書けません。

結果として、アクセス数(ページビュー)は稼げず、モチベーションも長続きしないでしょう。

 

雑記ブログで稼ぐ

 

一方、雑記ブログは何でもありなので、日々のネタには困りません。

これは言い換えれば、そんなに専門的なことでは無くても、何かしら書けてしまう、つまり、専門性が低い記事の寄せ集めと言うことになります。

だから、アクセス数は低くなりがちです。

アクセスを集める最大の要因は検索エンジンです。

自分が検索エンジンを使うときのことを考えてみてください。

何かを調べたいときですよね。

検索エンジンで検索して表示されたページが、専門性が低ければ、そのページは訪問したユーザーにとって役に立たないモノです。

そんなページは検索エンジンによって評価を下げられます。

結果、アクセス数は減り、収益も減ります。

たまに、バズる(一時的にヒットする)記事もありますが、それはまぐれであり、その記事を訪問するユーザーはほとんど広告をクリックしません。

 

ちなみに、ボクのこのブログは雑記ブログの体裁ですが、ブログの収益だけで生活できる程度には稼いでいます。

なぜ雑記ブログなのに稼げるのでしょうか。

 

実は、雑記ブログと、雑記ブログの体裁の専門ブログとは、別物だからです。

ボクのこのブログは、扱うジャンルは多様であり、雑記ブログの体裁ですが、記事の1本1本は、雑記ブログのような書き方をしていません。

あなたが今まさに読んでいるこの記事もそうです。

ボクはなるべく、自分の経験値とスキルを具体的に専門的に書いています。

 

わかりやすく言えば、ボクのこのブログは、複数の専門ブログをひとつのブログに合成したモノなのです。

この記事でこのブログの記事の本数は2792本目です。

2792本の雑多な記事を書いているのではありません。

例えるなら、500本の記事を持つ専門ブログを5つ合成したブログ、と言えばわかりやすいでしょうか。

500本の記事を持つ専門ブログを5つ運営するか、ひとつにまとめるか。

それだけの違いです。

ボクは今のところ、後者を選んでいるだけです。

なので、雑記ブログの体裁をとりつつ、収益もあげられるのです。

 

結局、収益をあげられるのは、専門ブログ、と言うことになります。

もちろん世の中には、高度な才能やスキルやセンスをもって雑記ブログで稼いでいる人もいます。

あなたにその能力があるのなら、そうすればいいと思います。

ボクにはその能力は無いので、専門的な雑記型ブログを運営しているだけです。

もちろん、当初からそのつもりだったわけでは無く、7年以上に及ぶブログ運営の経験で、そう判断したわけです。

 

ライバルが増える

 

以前から繰り返し書いているんですが、ブログのアクセス数を上げるノウハウを書くのは、自分にとってメリットが無いのではと思う人がいるんですね。

だって、ライバルのブログの順位を上げることは、結果として自分のブログの順位を下げることになるんですから。

でも、世の中ってうまくできているんですよね。

ちょっと例え方は悪いかもしれませんが、師匠を弟子が追い越しても、やはり師匠は師匠なんですよ。

その世界で著名なAさんがBさんを育て、やがてBさんの実力がAさんを超えたとしても、AさんがBさんを育てたと言う実績は残ります。

BさんがAさんを超えたからAさんの評判が落ちることにはならないんですよね。

ブログの世界でも、長年書き続けている大御所が何人かいます。

もちろん、後から登場した新星の方が多くのアクセス数を稼ぐことはよくあるんですが、それでも、ベテラン著名ブロガーはあちこちで引き合いに出されます。

 

良い情報を隠して、自分が独り占めするよりも、良い情報を公開して多くの人に役立つ方が、結局は本人のプラスになるんです。

 

景気が良くなる

 

あと、これもボクはずっと言っていますが、多くの人が、サラリーマンとしての給与収入以外に副業としてブログ収入を得れば、当然ですが、景気が良くなります。

一部の勝ち組だけが豊かになって、多くの人が不景気の中で貧困にあえぐ。

そんな社会は幸せでも何でもありません。

自分だけ良ければと思っている人は、結局は誰からも尊敬されないクズです。

ボクは物欲は低い人間ですが、自分が豊かになることよりも、自分が発信することで多くの人に役に立って、多くの人が豊かになって、結果として尊敬される人間になりたいと言う欲望はあります。

だから、こうやって自分が持っているノウハウを書いて公開するのです。

 

努力を声高に謳うバカ

 

努力することはとても大切なことですが、それはむしろ当然のこと。

努力をすることは自慢でも何でもありません。

世の中には、努力をした結果、おカネ持ちになるのは当然だと言う人がいます。

 

ボクから言わせれば、短絡思考です。

 

人間の環境は運で決まります。

例えば、ボクがこの日本と言う平和な国に生まれたのは、ボクの能力とは無関係で、単なる運です。

日本で生まれ育ったから、こうやってブログで努力することができるんです。

もし、内線の続く中東の国に生まれていたら、もうとっくに命を失っていたかもしれませんし、現にそこに生まれた子供たちに何の罪もありません。

なのに苦しんでいます。

生まれたときから身体に障害があって、自由に動けない人、病気で苦しんでいる人もいます。

それも運です。

 

単にラッキーなだけで日本に生まれただけなのに、単にラッキーなだけで健康に生まれただけなのに、

 

「自分が裕福になったのは自分の努力のおかげだ。」

 

と思い上がっている人間が少なからずいます。

 

クズですね。

 

運の良いクズが裕福になる社会よりも、罪の無い人もみんなが豊かになる社会の方がすばらしいと思いませんか?

 

ブログって、こうやって個人の考え方を自由に発表できるのがすばらしいんですよ。

そして、それもボクがたまたま幸運にも民主主義の国に生まれたからです。

 

みなさんも、自分のやり方で創意工夫してブログで稼いでください。