読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

元プロ野球選手、清原被告への判決は、よく考えると厳しいという話

スポーツ

判決

 

このブログではあまり時事ネタは扱いません。

別に避けてるわけじゃなく、単に書いてこなかっただけ。

たまには書きますよ。

今回は元プロ野球選手の清原被告の判決。

 

www.nikkan-gendai.com

 

懲役2年6ヶ月、執行猶予4年。

つまり、罪の重さは懲役2年6ヶ月という刑罰に相当するけど、実際の刑は行われず猶予されるわけです。

4年間、刑事事件を起こさなければ、刑は行われずに済みます。

考えてみてください。

4年間、一度も刑事事件を起こさないことなんて、ボクら一般の人間にとってみれば、あまりにも当たり前ですよね。

ボクも数十年間の人生で一度も刑事事件なんて起こしてませんし。

なので、多くの人から見れば、清原被告への判決は甘いと見えるんですね。

そりゃそうですね。

実刑判決(即座に刑が実行される)でもおかしくない罪の内容ですからね。

 

実は厳しい

 

でも、よく考えてみてください。

執行猶予がついたということは清原被告はこれから、世間で暮らしていくわけです。

そりゃ、世間の監視はキツイでしょうけど、あくまでも普通の人です。

ポイントは、彼の罪が覚せい剤によるモノであるということ。

覚せい剤は本人の気持ちだけでは克服できません。

肉体を蝕む問題ですから。

そんな人物が普通に世間での暮らしを始めたら。

再犯を防止するためには自制心が求められます。

もし2年6ヶ月の実刑判決を受けていたら、彼は刑務所暮らしをすることができたわけです。

つまり、絶対に覚せい剤に手を出せない環境が2年6ヶ月続くんです。

これ、克服に大きく近付きますよね。

でも実際は執行猶予。

自制心が求められます。

ということは、再犯の可能性が非常に高いわけです。

あくまでも確率論ですが、実刑なら2年6ヶ月間は再犯の確率はゼロですから、圧倒的に厳しい環境に放り込まれたと言えます。

そう考えると、今回の刑は甘いどころか、むしろとても厳しいモノであったと。

しかもその厳しいの意味が、罰するという意味でも更生という意味でも無く、再犯可能性が高まるという意味ですから、シャレにならないです。

 

過去の覚せい剤犯の再犯率は70%くらいあるらしいです。

まあほとんどは再犯しちゃうんです。

今回、ものすごく注目された清原被告ですが、むしろ注目すべきはこの先なんですよね。

 

かつて恐ろしく強かった西武ライオンズの黄金時代。

清原、秋山、デストラーデ、石毛、平野、伊東、辻、田辺、渡辺久信、工藤、東尾、郭泰源。

ボクも当時はファンでした。

まさか30年後に主砲がこんな形で逮捕されるなんて。