非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

リオ五輪で6階級のうち5階級でメダルの日本女子レスリング。でもボクが驚いたのは残りの1人。

強すぎる日本女子レスリング

 

 

今さら、2016年の話を書きます。

たまたま記事を読んで、心に残ったので。

 

2016年のリオデジャネイロオリンピック。

 

女子レスリングには体重別に6つの階級があり、日本から6人の女子選手が参加しました。

そして、結果は、

 

  • 4人が金メダル
  • 1人が銀メダル

 

でした。

6階級のうち5階級で金メダルか銀メダル、まさに日本の女子レスリングは世界最強です。

吉田沙保里選手と伊調馨選手は、それまでの五輪で3連覇していたので、この2人が4連覇をするかどうかが大きな注目でした。

そして、伊調馨選手は4連覇達成。

大本命と言われていた吉田沙保里選手が決勝で負け、銀メダル。

つまり、他に、登坂絵莉選手、川井梨紗子選手、土性沙羅選手の3人が金メダルを獲ったわけです。

詳しくは、ウィキペディアに記載されています。

 

2016年リオデジャネイロオリンピックのレスリング競技 - Wikipedia

 

 

渡利璃穏選手

 

 

6人で出場して、4人が金メダル、1人が銀メダル。

世の中は勝てば官軍でしょうか、メダルを獲った5人には注目しますが、では残りの1選手は?

寂しくもマスコミには注目されません。

 

それが渡利璃穏(わたりりお)選手。

 

このリオ五輪の女子レスリングの6人のうち、最後に出場が決まった選手です。

名前が「りお」と、まさに、リオ五輪に出るためのような名前。

実は6人全員が同じ、至学館大学の出身者。

出発前は、全員が金メダル、と期待していたそうです。

 

しかし、結果は、渡利璃穏選手だけが初戦敗退。

 

確かに勝負事なので、結果は様々です。

 

でもボクが驚いたのはここからです。

 

本来、渡利璃穏選手は63kg級の選手。

しかし先に川井梨紗子選手の出場が決まっていたため、毎日猛烈に多く食べ、体重を2階級(12kg)も上の75kg級に出場することになったんです。

それだけでも激しい努力がうかがわれるのに、さらにボクを驚かせたことがありました。

 

実は、渡利璃穏選手は、リオ五輪中に、すでに、「がん」に冒されていたんですね。

 

体調不良と猛烈な過食による吐く毎日。

そんな中で何とかリオ五輪出場を勝ち取ったわけです。

 

そう考えると、メダルなんて半分は実力だけど半分は運なんですよね。

 

ボクの周りにも、がん患者はいますし、ボク自身が関係組織にいたこともあります。ボランティア参加者でもあります。

 

そして何より、ボクだって、いつかは、がんになる可能性があります。

明日なのか、5年後なのか、10年後なのか。

 

起こったことを悲しんでも過去は変わりません。

これからをどうするか。

渡利璃穏選手もレスリングを続けていて、東京五輪を目指しているようです。

 

ボクも病院にはよくお世話になる人ですが、がんを含め、何らかの病気と闘っている全ての人、負けないで!

 

以上、たまたま読んだ話が気になったので、いま書いてみました。