読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

評価の高い8インチクラスのキーボード付き激安タブレット

タブレット

Windowsタブレット

 

タブレットと言えば、iOSを搭載したiPad、Androidタブレット、もしくはWindowsタブレット。

iPadは価格が高く、その分、使っているパーツや動作に非常に高級感があります。

一方、Androidは多種多様ですが、売れているのは低価格モデル。

今のところ、シェアではこの2種類が大きいんですが、そこにじわりと浸食しようとしているのがWindowsタブレット。

 

Windowsと言えばパソコンの世界では圧倒的なシェアですが、今となってはモバイルに強いAppleに売上高や利益で大きく差を付けられてしまっています。

それだけ、世界ではモバイルの重要性が高まったわけですね。

 

そこで、Windowsもモバイル強化。

しかも過去の路線とは決別して、低価格もしくは無料路線。

 

気になるタブレット

 

で、そんな状況でボクが非常に気になるWindowsタブレットが存在するわけです。

これ。

 

 

なぜ気になるか。

このモデル、今年の前半に登場したんですが、登場時の価格は6万円前後。Windows8を搭載していました。

それがモデルチェンジしてWindows10に。

と同時に価格は半分ほどになりました。

まさにWindowsの低価格戦略のおかげです。

タブレット自体の性能機能は落ちていないのに価格は半分。

搭載されているオフィスアプリは標準版からモバイル版に変更になっていますが、それでも外出先で気軽にWordやExcelを使えるのは大きいです。

 

タブレットにありがちな、タブレット本体とキーボードを別々に設置するタイプでは無くて、この機種は本体とキーボードをきちんとドッキングできます。

つまり、ノートパソコンとしても使えるんですね。

本体とキーボードがセットで、つまりノートパソコンとして、約30000円は安すぎ。

8インチクラスのタブレットなので、MacBook Airよりもさらに気軽に持ち出せます。

重さは本体とキーボードを足しても750グラムほど。

バッテリーは10時間持ちます。

 

ね、買わない理由は無いと思いませんか?

高級品はいくらでもありますが、この機種はあくまでも最低クラスの価格。

そういう意味で、ボクの食指が動き、みなさんにもオススメする次第なんです。

 

誰か先に買って、レビューしてください。