読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Twitterユーザーのみなさん!ツイートの分析ができるツイートアクティビティダッシュボードが誰でも使えるようになりました。

Twitter SEO,ブログ,ネット収入

Twitterの分析を誰でもできるようになった

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

ウェブサイトのアクセス数などの管理やSEO対策をしている人は、Google Analyticsなどを使っている人も多いと思いますが、Twitter版のアナリティクスであるツイートアクティビティダッシュボードが使えるようになりました。

以前から公開されていたんですが、今までは著名ユーザーしか使えなかったんですね。

それがこのたび、一般ユーザーにも開放されました。

Twitterを開始して14日経過したユーザーならOKのようです。

 

さっそく見てみましょう。

 

ツイートアクティビティダッシュボード

 

 ボクも初めて見たので、しばらく使ってみないと数値の良し悪しはよくわかりません。

ボクの今のデータはこんな感じ。

 

ツイートインプレッション

 

過去28日間、つまり4週間(およそ1ヶ月)でボクのツイートは16万回見られたようです。

でも、この画面だと何回ツイートしたのかがわかりませんね。

で、Twitterカードという画面に行くと、こんな様子。

Twitterカード

 

 Twitterカード、つまりブログの紹介ツイートだけなので、全体のツイート数よりも少ないはずですが、665ツイートで13万回ほど見られています。

1回のツイートが約200倍に拡散したわけで、ここはさすがにTwitterのチカラですね。

そのうち1476回がURLクリック、つまりブログを見てもらえたことになります。

これが高いのか低いのかは、今後、研究して行きたいと思います。

他にもリツイート数やお気に入りに入れられた数など、色んなデータを見ることができます。

 

次の図は個々のツイートに対する反応。

例えば一番上のツイートなら、392がインプレッション(ツイートが見られた回数)、15がエンゲージメント(URLをクリックされたりリツイートされたりした回数)、3.8%がエンゲージメント率(15÷392)です。

個々のツイート

 

みなさんも、自分のツイートにどういう反応がされているのか、見に行ってみてください。

そして何か気付いたら、ぜひ教えてください!

ボクも勉強中です。