読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

これから電動歯ブラシを買う人へ。音波ではなく超音波歯ブラシはいかが?

つぶやき 家電

超音波は汚れの組織を破壊する

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

ボクは電動歯ブラシを使っているんですが、よくある音波ではなく超音波タイプです。

かつて東レが販売していたUT-600という機種です。

UT-600 UT-600セット

 

その後、東レが電動歯ブラシの販売から撤退しました。

でも、UT-600を作った同じメーカーが、今は新機種を出しています。

これです。

 

普通の電動歯ブラシや音波振動歯ブラシは、その振動で、歯の汚れを落とします。

汚れをかき落とすわけですね。

いっぽう、超音波歯ブラシは、超音波のチカラで歯の汚れの細胞組織を破壊します。

歯の表側にブラシを当てると、超音波が歯を通って歯の裏側に伝わり、歯の裏側の歯石の組織を破壊する、と言えば、すごくないですか?

ただし、組織を破壊するのは少しずつなので、毎日きちんと使う必要があります。

毎日使って、歯に付いている歯石をじわじわと破壊していくイメージです。

なので1回の歯磨きでは普通の音波歯ブラシのほうが汚れはよく落ちるかもしれません。

超音波歯ブラシは長期にわたって歯を健康に保つための戦略製品としてボクは使っています。

ちなみに超音波は振動が速すぎて人間の目には見えません

止まっているように見えます。

UT-600では超音波と通常の振動の両方を同時に起こせるようになっています。

その振動で、汚れをかき落とすわけです。

  • 振動で汚れをかき落とす
  • 超音波で汚れの組織を破壊する

この両方を兼ね備えたすばらしいマシンです。

決して有名メーカーでは無いですが、有名かどうかよりも、機能・性能でモノを選ぶボクのようなタイプの人間には良いかも。

 

高いか安いかは耐用年数で判断する

 

ちなみにこれもよく書いてるんですが、モノの価格が高いかどうかは耐用年数で考えてみてください。

例えば上記の歯ブラシは約14000円します。

でもボクはすでに10年ほど使っています。

という事は、1ヶ月あたり120円ほどです。

もちろんもっと長く使えば、さらに安くなります。

虫歯になれば治療費は1万円2万円と簡単に飛んでいきます。

それを防ぐ意味での1ヶ月120円(あるいはそれ以下)。

そう考えれば安くないですか?

 

愛用の歯磨き粉(デンタルペースト)

 

ちなみに今のボクの愛用の歯磨き粉はこれ。

味も色も刺激的です。

フジサワデンタルL

 

ただし今はもう手に入らないので、買うなら新製品のこちら。

 

歯磨きの結果は長期戦

 

歯医者さんに行って教えてもらったんですが、歯磨きの基本はとにかく歯と歯茎の間をしっかり磨くこと。

ブラシが歯茎にかかるようにしっかり磨くので、当然のように血が出ます

何もしないで歯茎から血が出るのはヤバイですが、歯茎をしっかり磨いたら血が出るのは当たり前なので気にしないで良いそうです。

むしろ血が出ないなら、きちんと磨けていないかもしれないです。

 

今のお年寄りは子供の頃には歯磨きの習慣なんてありませんでした。

だから年をとると歯が抜けて、入れ歯のような面倒なモノに頼る必要があります。

でも現代人は高性能な歯ブラシと良い歯磨き粉に恵まれています。

しっかり手入れすれば、昔の人と違って、歳をとっても歯がきちんと揃っている、なんてことも可能です。

長い目でモノを考えませんか。