非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Twitterを使うコトをオススメする理由

様々なSNS

 

 

ボクがインターネットを使い始めたのは1995年頃で、まさに日本にインターネットが上陸した頃ですね。

それまではパソコン通信を使っていました。

そんなわけで、インターネットの歴史や変遷を見てきたわけですが、SNSが一般化し始めたのは、ここ10年ほどです。

いまは、Facebook、Twitter、LINEなどがメジャーですが、それまでは、WindowsメッセンジャーやYahoo!メッセンジャー、ICQなどが広く使われていました。

メールの同報送信もある意味ではSNSですね。

ネットの世界はめまぐるしく変わっているので、FacebookやTwitterやLINEも、10年後に同じように使われているかどうかはわかりません。

 

ボクは好奇心が強いので、そんなネットの歴史の中で、できるだけ多くのツールやサービスに手を出すように心がけました。

体験しないコトには良さも悪さもわかりませんよね。

まずは経験。

 

 

Twitter

 

 

その20年以上の様々な体験の中で、ボクは、Twitterと言うツールは、メリットが大きい特殊な位置づけだと思っています。

理由は実にカンタン。

 

  • 本名と言う個人情報を出さなくても使える。
  • 拡散可能

 

この2つを兼ね備えているからです。

自分のブログの宣伝をしたい、YouTubeの宣伝をしたい、店の宣伝をしたい。

そんなとき、様々なネットツールを使うと思います。

実は、一番適しているのが、Twitterなのです。

 

日本で一番ユーザー数が多いのはLINEですが、LINEだと不特定多数に拡散させるのには向いていません。

知っている人同士のコミュニケーションツールとしての位置づけです。

 

次にユーザー数が多いのがTwitter。後で書きます。

 

次がFacebook。これは実名が基本で、承認制なので、これまた不特定多数に拡散させるのには不向きです。

 

次がInstagram。これは匿名は可能ですが、拡散機能はありません。つまり、フォロワー数しか見られません。1000人しかフォロワーがいなければ1000人にしか見てもらえないのです。

 

テレビを考えてみてください。

テレビのCMは不特定多数に見られます。厳密に言えば、テレビを持っている人だけと言えますが、ほとんどの人がテレビを持っているので、事実上、不特定多数なのです。

しかも、見ている人たちの本名は要求されません。非常に気軽に情報が拡散するのです。

 

SNSでそれに一番近いのがTwitter。

参加者の実名は必須では無いので、実名を不特定多数に知られたく無い人たちに対しても、気軽に情報を送るコトができるのです。

そしてリツイートと言う拡散機能があります。

フォロワーが1000人しかいなくても、リツイートされれば、2000人にも5000人にも10000人にも拡散されます。

 

だから、自分のブログなどを宣伝したい場合に、圧倒的に有利なわけです。

LINEやFacebookやInstagramでは、すでにつながっている相手にしか宣伝できないのです。

Twitterは文字通り、不特定多数に拡散されます。

 

Instagramは画像か映像が必要な点も不便です。文字情報(テキストデータ)のみの発信ができません。

会話(スレッド)機能もありません。

特定のユーザーだけをグループ化する機能もありません。

 

Twitterの場合は、文字だけでも可能ですし、もちろん画像や映像も流せます。

スレッド機能もありますし、特定のユーザーだけをグループ化できるので、グループ内だけでガヤガヤするコトもできます。

 

それだけの機能を備えながら、実名不要で拡散も可能。

たぶん、Twitterだけですよね。

だから、宣伝に向いているのです。

ショップの店員さんが自分の勤務先ショップを宣伝するのに、その店員さんの実名をネットに公開してしまいたくないケースもありますよね。そんな場合にも使えます。

 

とにかくTwitterのキーポイントはリツイートですね。拡散。

これがあるから、バズるのです。

LINEやFacebookやInstagramではバズらせる機能は無いのでバズりません。

芸能人のように多くのファンを持つなら別ですが、一般の人が効果的に拡散させるには、Twitterしか無い状態です。

 

むしろ、何か宣伝するモノがある人がTwitterをやっていないのは、大きな機会損失です。

YouTubeの再生回数が伸びない、と悩む人が多いですが、聞いてみると、Twitterで宣伝すらしていないんですよね。そりゃ、伸びないでしょう。動画がよほど面白ければ、誰かが代わりにTwitterに書き込んでくれるかもしれませんが。

 

と言うわけで、宣伝したい人には、Twitterしか無いと言う状態です。

LINEのユーザー数には及びませんが、実はTwitterも日本では非常に伸びていて、ユーザー数が5000万人に迫ろうという勢いです。

それだけのユーザーがいるSNSで拡散機能がある意味を理解すれば、使わない手はありませんよね。

LINE、Facebook、Instagramもユーザー数は多いですが、拡散機能が無いので、ユーザー数の多さは意味が無いわけです。ユーザーが多くても拡散されませんから。

 

ボクは別にTwitterこそが優れていると言いたいわけではありません。

機能が違うので、ふさわしい目的がありますよ、と言う話です。

 

友達と内輪で会話するのがLINE。

友達と実名で会話するのがFacebook。

フォロワーだけに自分の画像・映像を見てもらうのがInstagram。

不特定多数に情報を拡散するのがTwitter。

 

そんなわけで、このブログのTwitterカテゴリの他の記事も読んでみてくださいね。

 

www.b-chan.jp