非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Twitterのアカウントに電話番号を登録する人が注意すべき点

Twitterに電話番号を登録してみる

 

 

2009年からTwitterを使っているB-CHANです、こんにちは。

10年間もTwitterを使っていると、その間の変遷も見続けてきたわけで、昔は非公式リツイートなんてのもあったなあ、なんて感慨深いです。

さて、今のTwitterは二段階認証対応で、その手段として、電話番号を登録するコトができます。

要は、IDとパスワードでログインして、電話番号宛てにSMSを送って、さらに認証して初めて正式にログインできるようになるわけです。

 

ちょっと注意点があるので、ここで実際にやりながら書いてみます。

iPhoneの画面ですが、Androidでも同じはず。

 

まずは、Twitterアプリで、自分のタイムラインの左上にある自分のアイコンをタップします。

タイムラインのアイコン

 

 

で、「設定とプライバシー」をタップしましょう。 

設定に入る

 

 

すると、「設定とプライバシー」画面が開くので、「アカウント」をタップします。

設定とプライバシーの画面

 

 

「電話番号」の項目に「追加する」があるので、タップします。

アカウント画面

 

 

すると、こんな画面が出てきます。実はしっかり読む必要があります。

電話番号認証画面

 

 

電話番号を登録することでアカウントが安全に保たれ、ログインもより簡単になります。

 

 

と書かれていますが、ボクにはなぜ、安全になるのか、カンタンになるのかわかりません。

二段階認証をやって初めて安全になりますし、カンタンにはならないと思います。

 

そして、さらに恐ろしいのは、その下の細かい文字で書かれた文。

 

あなたのメールアドレスや電話番号を連絡先に保存しているTwitterユーザーに通知などが表示されます。

 

 

危険!

 

いや、人によるんですけどね。

例えば、友人や知人に内緒でTwitterをやっているとしましょう。

しかし、ここでそのまま電話番号を登録してしまうと、あなたの電話番号を知っている人全員(スマホのアドレス帳にあなたの電話番号を登録しているTwitterユーザー)に、あなたのコトが知られてしまいます。

 

友人知人に内緒でTwitterをやっている人には、これはマズい!

 

てなわけで、それを回避する設定を先にしておきます。

いや、内緒じゃない人は構いませんが。

 

 「プライバシー設定」を押しましょう。それにしても、最近のスマホは、ただの文字がボタンになっているので、わかりにくいですよね。まさか押せるとは。

プライバシー設定を押す

 

 

そして出てきた画面には、2つのスイッチがあります。

2つのプライバシースイッチ

 

 

1つ目はメールアドレス、2つ目は電話番号。これらのスイッチがオンになっていると、メールアドレスや電話番号を知っている人が、あなたのTwitterアカウントを知ってしまうのです。

なので、上図のように、両方ともオフ。知られたくないなら。

そして「完了」ボタン。

 

安全になったので、ここで電話番号を入力して、「次へ」を押します。 

電話番号を入力

 

 

すると、あなたの携帯電話番号宛にSMSが送信されます。そのSMSに認証コードが記載されているので、この画面に入力するわけです。

認証コード入力画面

 

 

と言うわけで、Twitterアプリをいったん閉じて、メッセージアプリを見てみましょう。

はい、Twitter認証コードが来ています。

メッセージアプリのTwitter認証コード

 

 

このコードはワンタイムなので、モザイクにする必要は無いんですけどね。

とりあえず、このTwitter認証コード6桁を覚えます。

そして、さっきのTwitterアプリの認証コード入力欄に入力しましょう。

 

無事に入力したら、電話番号の登録が終わり、「アカウント」画面に戻ります。

すると、電話番号の欄に、ちゃんと電話番号が登録されました。

アカウント画面に電話番号が入った

 

 

ここまででは、単にTwitterに電話番号を登録しただけです。

ボクは、ここからが大事だと思うんですよね。

 

 

二段階認証を設定する

 

 

そうです。二段階認証を設定するのです。

そのためには、「セキュリティ」をタップします。

セキュリティをタップする

 

 

セキュリティ画面に移ると、「ログイン認証」項目があります。 

セキュリティ画面

 

 

ログインする際にこの携帯電話を使って2段階認証を行います。

 

 

 と書かれているのを確認して、「ログイン認証」をタップしましょう。

すると、このように、ログイン認証のスイッチが表示されます。

これをオンにしましょう。

ログイン認証

 

オンにすると、画面の下に「確認」ボタンが出てきます。

ログイン認証確認ボタン

 

 

文が見切れていて不明ですが、とにかく「確認」ボタンを押します。

ログイン認証の仕組み説明

 

 

ログイン認証の仕組みが書かれていますね。読んだら、「始める」ボタンを押しましょう。

次は、パスワードを入力する画面です。

パスワード入力

 

 

「新しいパスワードを再入力」なんて書かれていますが、既存のTwitterのパスワードを入力するだけです。入力したら「認証する」ボタンを押します。

 

電話番号を確認するよう促されますね。確認したら「コードを送信」ボタンを押します。

電話番号を確認してください

 

 

すると、認証コードを入力する画面になります。

認証コード入力欄

 

 

例によって、SMSにコードが届いているので、メッセージアプリで確認しましょう。これです。

ログインコード

 

 

そのコードを、さっきの画面に入力して、「送信」ボタンを押しましょう。

ログインコードを入力した

 

 

これで、登録が完了しました。二段階認証の設定が済んだと言うコトです。

認証が完了

 

 

二段階認証を設定したので、今後は、セキュリティが強力になります。

Twitterにログインする際に、IDとパスワードを入力し、さらにSMSに送られてくる認証コードも必要になるわけです。つまり、この携帯電話が無ければログインができなくなります。

携帯電話を紛失したら、Twitterにログインできなくなるってコトです。

それは困りますよね。そこで上記画面の「バックアップコードを取得」ボタンを押します。

こんなふうに、バックアップコードが表示されます。

バックアップコード

 

 

携帯電話を紛失して、Twitterにログインできなくなったときに、この、バックアップコードを入力してログインするのです。

この携帯電話を持たない他人がログインできないので安全ですが、紛失すれば、自分でもログインできなくなります。

そのときのための保険ですね。

なので、このバックアップコードは絶対に忘れずに保管しておきましょう。

当たり前ですが、携帯電話の中だけに保管したら意味が無いですよ。もろとも紛失したら終わりですからね。

 

一連の作業が終わったら、ログイン認証画面は次の状態になっています。

ログイン認証の状態

 

 

二段階認証の方法が「ショートメール」になっていますね。ショートメールとはSMSです。

 

まとめ

 

 

  • Twitterにメールアドレスや電話番号を登録する場合は、他人に知らせる設定をオフにしないと通知が行ってしまう。
  • 電話番号を登録しただけでは安全では無い。セキュリティ強化には、二段階認証の設定が必要。

 

 

いかがだったでしょうか。

こう言う、画像が多い記事は、神経も使って、手間もかかって、書き終わるとヘトヘトですよ。