非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

MP3ファイルを最新のmacOS Catalinaで表紙付きオーディオブックにしてみた。

ブックアプリでオーディオブック

 

 

現時点で最新のmacOSであるCatalinaでは、昔と違って、iTunesアプリが無く、

 

  • 音楽は「ミュージック」アプリ
  • 書籍は「ブック」アプリ

 

と役割別のアプリが存在します。

オーディオブック(耳で聞く書籍)は、昔はiTunesで聞いていましたが、今はブックアプリを使います。

 

ブックアプリ内のストアでオーディオブックを購入するコトもできますし、自分が持っている、AACファイルやMP3ファイルなどの音声ファイルを登録するコトができます。

その場合、ブックアプリのファイルメニューからライブラリに追加を選んでファイルを選択するだけです。

ただし、その場合、表紙が表示されません。

 

こんな感じで単色の表示になります。 

表紙が無い

 

 

では、どうすれば、表紙を付けるコトができるか。

いろいろ試行錯誤しましたが、ブックアプリでは表紙を付けられません。

なので、ミュージックアプリを使います。

 

 

ミュージックアプリのアルバムアートワーク

 

 

従来のiTunesの時代から、アルバムアートワークを活用してきた人なら、もうわかったと思います。

ブックアプリに登録する前に、いったん、ミュージックアプリにファイルを登録します。

そして、ミュージックアプリ内で、登録されたファイルを右クリックして情報を選択します。

開いたパネルの中に、アートワークと言うタブがあるので、そこに画像をドラッグ&ドロップ。

これは音楽ファイルにアルバムアートワークを表示させるのとまったく同じ方法ですね。

アルバムアートワーク

 

 

アートワークを登録したらOKボタンを押し、そのファイルをコピーし、デスクトップなど、任意の場所にペーストします。

そして、そのペーストしたファイルをブックアプリで読み込むわけです。

すると、このとおり。

表紙がある

 

 

今後は、きちんと表紙が表示されました。

ここまで終えたら、ミュージックアプリ内のファイルと任意のフォルダにペーストしたファイルは削除して構いません。

 

もちろん、ミュージックアプリでそのファイルを再生しても良いんですが、オーディオブックにするとメリットがあるのです。

オーディオブックは、再生速度を変えられるのです。

ボクは、ジョギングしながら、iPhoneのブックアプリで、オーディオブックを1.5倍速とか2倍速で聞いています。

運動と勉強、同時にできて効率的です。