非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

メルカリとヤフオク!で1枚1万円でマスクを売る興味深い比較論

マスクの出品

 

 

今回は、ロジックの話をします。

現実に行う話では無いので、ああ、そんな考え方か〜、と思って読んでみてください。

 

ボクは以前から、モノを売る側なら、メルカリよりもヤフオク!が有利と言って来ました。

理由もきちんと書いてあります。

 

www.b-chan.jp

 

 

今後、政府から各家庭にマスクが配られます。

このマスクを、メルカリやヤフオク!で出品したと仮定する話です。

 

 

マスクの需要

 

 

8年近く前に書いた記事ですが、物価が決まる仕組みを読んでみてください。

 

www.b-chan.jp

 

 

例えば、スーパーへ買い物に行けば、野菜の価格は変動しているのに気付くと思います。

キャベツが豊作の年はキャベツの価格は下がりますし、不作の年は価格は上がります。

まさに、需給で物価が決まるのです。

 

メルカリとヤフオク!の違いは何でしょうか。

メルカリは、出品者が自分で価格を決めて出品します。

なので、マスクを1枚1万円で出品するコトも可能です。

今はルールとして禁止されていますが。

とりあえずそのルールは別の話なので今回は置いておきます。

 

マスクを1枚1万円で出品すると、ぼったくり、と言われそうですが、そうでもありません。

例えば、世の中に大量のマスクが売られていて、不足していないケース。

その場合は、マスクを1枚1万円で売っても、恐らく売れません。

つまり、価格を上げると言うコトは、出品者側にもリスクがあるのです。

何せ、売れなければ1円も手に入らないのですから。

 

売り手にとって、メルカリの難しさは、そこにあります。

安値で出品すれば、ホントはもっと高く売れたかも知れない。

高値で出品すれば、売れないかも知れない。

 

また、マスクが不足している現在、1枚1万円で出品すれば、世の中から非難を浴びるでしょう。

 

そこで、ボクは売るときはいつもヤフオク!です。

これまで何百回も経験してきました。

出品はいつも1円です。

つまり、1円のまま落札されれば、ボクには1円しか入ってきません。

しかし、現実には巨大なマーケットが存在します。

その中で、2円で買っても良いと言う人がいれば、その人が勝ちます。

10円で買っても良いと言う人がいれば、その人の勝ち。

100円で買っても良いと言う人がいれば、その人の勝ち。

 

つまり、世の中で、一番高値で買ってくれる人に売るコトができます。

よって、メルカリのように、安すぎたと言うコトもありませんし、高くて売れないと言うコトもありません。

出品商品の最適価格を市場が決めてくれるのです。

実際、ボクは、何度も中古のiPhoneをヤフオク!で売ってきましたが、リサイクルショップに売るよりもはるかに高く売れました。

 

www.b-chan.jp

 

 

ここで、もしボクが政府からの配布マスクを1円で出品したとしましょう。

つまり、最悪の場合、ボクはマスクが1円でしか売れないかも知れないわけです。

しかし、現在は、マスク不足。

どんどん価格は上がっていくでしょう。

そして、ついに、1万円で入札した人が勝ったとします。

これって、ボクが1万円と決めたわけでは無く、入札者が1万円で買うコトを希望したわけです。

イヤなら入札しなければ良いのですから。

つまり、ボクは1円で出品した。

でも、買い手は1万円で買うと言った。

 

この場合、この取引きの売り手は非難されるべきでしょうか。

1枚1万円で売るなんてヒドい、と言うべきでしょうか。

売り手はリスクを取って1円からスタートしてる。

もしかしたら売れずに無収入かもしれない。

でも、買い手が自分の意思で1万円で入札した。

 

ボクは売り手がメルカリで1万円で出品するのとは全然違うと思うんですよね。

 

まあ実際には、ヤフオク!でもマスク出品は禁止でしょうけど。

 

ボクが言いたかったのは、世の中の多くの人は、目先の現象だけに囚われて賞賛したり非難したりする。

1万円で売るなんてヒドい!

と。

でも、現実には、その裏側には様々な事情がある。

原因があるから結果があるわけです。

 

そのプロセスをロジカルに考えず、結果だけ、目先の現象だけを見て、右往左往する人が多い。

 

そこに、わざと、こんな話を投げかけてみました。

みなさん、どう思いますか?