非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

PayPayでマイナポイントを申し込んだらカンタンに終わったので流れを書く

マイナポイント

 

 

6月いっぱいまではキャッシュレスで買い物すると一部還元される政策がありました。

次は、マイナポイントが始まります。

これはキャッシュレスのサービスのどれかひとつとマイナンバーカードを紐付ければ、そのサービスでキャッシュレス決済したときに限って還元されるモノです。

なので、キャッシュレスのサービスをひとつ選ぶ必要があります。

政策としての還元額は上限が5,000円ですが、各社がユーザー取り込みのため、1,000円の上乗せや2,000円の上乗せなどの独自施策を行っています。

ボクはPayPayを使うコトが多いんですが、PayPayはマイナポイント登録者に抽選で100万円当たるキャンペーンを行っていますね。

まあ、どれでも良かったんですが、とりあえずPayPayでマイナポイントを申し込むコトにしました。

先着4,000万人までなので、申し込みたい人はお早めに。

 

 

PayPayでのマイナポイント申し込みの流れ

 

 

色んなパターンがありますが、ボクは、

 

  • iPhone(NFC読み取り可能機種)
  • マイナンバーカード
  • PayPayアプリ
  • マイナポイントアプリ

 

 

マイナポイント

マイナポイント

  • 総務省自治行政局
  • ビジネス
  • 無料

 

 

で行いました。自宅で1分ほどでカンタンに終わりました。

流れを画面で確認しましょう。

 

まずはPayPayアプリを起動。マイナポイントボタンを押します。

PayPayホーム画面

 

 

マイナポイントの画面が表示されたら上方向にスワイプ。

マイナポイント申込み画面を上にスワイプ

 

 

おすすめの登録手順で申込むボタンが現れたら押します。

おすすめの登録手順で申し込む

 

 

必要なモノを読んだら、申込みをはじめるボタンを押します。

申込みをはじめる

 

 

利用方法を登録します。ボクはチャージでもらうを選択しました。選択したら、上記に同意して登録するボタンを押します。

利用方法を登録

 

 

ここでマイナポイントアプリに切り替わる同意画面が現れるので、アプリを開くボタンを押します。

外部のアプリを開く

 

 

マイナポイントアプリに切り替わります。マイナンバーカードで認証ボタンを押します。

マイナンバーカードで認証

 

 

マイナンバーカードを手元に用意して、読み取り開始ボタンを押します。

読み取り開始

 

 

数字4桁の利用者認証用パスワードを入力してOKを押します。

パスワード入力

 

 

iPhoneをマイナンバーカードにかざしてスキャンを行います。

マイナンバーカードをセット

 

 

スキャンが完了すると、このような表示になります。

マイナンバーカードの読み取り完了

 

 

PayPayチャージとマイナポイントを連携させるコトに関して同意を求められるので、同意・申込するボタンを押します。

サービス連携の同意

 

 

これで、申し込みが完了です。マイナポイントは閉じても構いません。

申込み完了

 

 

再びPayPayアプリを起動して、マイナポイントボタンを押します。

マイナポイント申込み後のPayPayホーム画面

 

 

すると、マイナポイント申込み済みです、と表示されているのがわかります。

マイナポイント申込み済み

 

 

ちなみに、ボクの認識としては、先にマイナポイントの予約を行ってから、次にキャッシュレスのサービスを連携させるモノだと思っていましたが、上記の流れによって両方とも行われたようです。

 

マイナポイントアプリを起動してトップ画面に戻ります。

まずは試しにマイナポイントの予約ボタンを押します。

マイナポイントアプリ

 

 

ここから画面の指示に従ってパスワードの入力やマイナンバーカードのスキャンを行います。

すると、すでに予約済みとのエラーが表示されます。

マイナポイントの予約エラー

 

 

また、マイナポイントアプリのトップ画面に戻ってマイナポイントの申込ボタンを押し、同様に進むと、マイナポイントを申込済です、と表示されます。

利用者マイページ

 

 

と言うコトで、今回のやり方で、1回で予約と申込みが完了したと言うコトで、あとはチャージするだけですね。

ボクはもちろんオートチャージなので、現金をわざわざPayPayにチャージすると言う本末転倒な作業はしません。

 

ここに書きました。

 

www.b-chan.jp