非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

カンタンに見えて難しいコト

東横フラワー緑道

 

 

ネット社会では、誰かが仕事でミスをすると、非難が集中して炎上するコトがあります。

しかし、仕事と言うのは、見るとやるのとでは大違いで、カンタンそうに見えて、実際にやってみたら意外と難しいコトがよくあります。

誰かを非難する際に、自分だったら上手くやれるのかどうかを考える必要があります。

 

ボクが最近、ふと思ったのが、東横フラワー緑道の高島山トンネルの開閉です。

 

東横フラワー緑道とは、東急東横線の東白楽駅から横浜駅の間に作られた歩道で、昔はここを東横線の列車が走っていたんですが、線路が地下化されたので、跡地を歩道に転用したモノです。

 

4travel.jp

 

 

この途中に、高島山トンネルがあります。

長さは170メートル。

朝の6時から夜の21時30分まで通行可能。

それ以外の時間はフェンスを閉じて閉鎖され通行できません。

 

これ、何となく見ていると、カンタンそうですが、考えれば考えるほど、難しいオペレーションだと思ってしまいました。

 

 

トンネルの両側を閉鎖する作業

 

 

このトンネルは毎日、21時30分に閉鎖されます。

トンネルの両端にあるフェンスに鍵を掛けるコトで閉鎖します。

毎日の作業ですが、人件費を抑えるため、作業員が1人でやっているらしいです。

ここでは、説明しやすくするために、片方の出入口をA、反対側をBと名付けるコトにします。

作業員は最初にAにいるとします。

21時30分になれば、Aのフェンスを閉鎖します。

ここからBに向かいます。

その距離は170メートル。そこそこの距離ですね。

この時点では、Bのフェンスは閉鎖されていないため、BからAに向かって歩いてくる人がいます。

作業員はどうすれば良いでしょうか。

歩行者を無視してBまで行けば、歩行者はAで立ち往生します。出られません。

なので、Bに向かう途中でBからAに向かう歩行者がいれば、作業員は再びAに戻って、歩行者が来るのを待って、Aから出してあげる必要があります。

その間、Bは開いたまま。

つまり、引き続き、Bから次の人が入ってくるわけです。

Bが開いている限り、作業員は、Bにたどり着けないコトになります。

すると、ひとつの方法としては、Aのフェンスを閉めたら、Bまで猛ダッシュ。

途中で、BからAに向かう歩行者とすれ違うかも知れませんが無視。

一刻も早く、170メートルを走ってBに到達し、Bを閉めて進入できないようにして、再び、Aまで猛ダッシュ。

合計340メートルを猛ダッシュです。

それでも、Aにたどり着いている人を待たせるかも知れません。

中には、クレームを言う人もいるかもしれません。

340メートルの猛ダッシュもかなりキツそうです。

 

検証する前は、単に、トンネルの両端のフェンスを閉めるだけでしょ、と思っていました。

カンタンなお仕事かと。

でも、実務的に現場でそれを1人でやるには、なかなかハードルが高いコトがわかりました。

まさに、聞くのとやるのとでは大違い、な仕事かと。

 

そんなコトをふと考えたので、こうやって書き綴るとともに、ボク自身の反省も含めて、安易な決めつけはやめようと考えた次第です。

 

自分がその立場だったら?

そう考えるのが大切ですね。