非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

失敗を責める社会

失敗とは

 

 

自己啓発本をたくさん読んできたボクですが、自己啓発本なんて役に立たないと言う人もたくさんいます。

読書家の人は気付くと思うんですが、本ってわりと同じコトが書かれているコトが多いんですよ。

 

例えば、

 

何かを成し遂げるには能力よりも行動が大切。

 

と書かれているコトは非常に多いですし、そう言っている人もたくさんいます。

例えば、日本の経営者として有名な、ソフトバンクの孫さんやユニクロの柳井さん、マクドナルドの藤田さん、アパホテルの元谷さんなど。

 

みなさん、1回やってそれが当たったわけでは無いんですよね。

むしろ、99回失敗して、1回、ホームランを打った。

つまり、とにかく行動して試行錯誤してたくさんの失敗を経験して、その中で当たった。

そんな人ばかりです。

もちろん一発で当たる人も中にはいますが、それは確率の話であって、大勢いれば、たまにはそんな人もいる、と言うだけの話です。

 

能力を身に付けてから挑戦する人は、いつまでたっても挑戦が始まりません。

挑戦しながら身に付けるから前に進むのです。

 

 

失敗を責める

 

 

どこの国でも、民衆は失敗を責める傾向にあります。

例えば、サッカーのワールドカップのPK戦。

選手が交代で蹴っていき、その中で外してしまった選手が責められたコトがあります。

 

ボクは、日本の役所やサラリーマン社会を思い出しましたよ。

 

だって、挑戦して失敗した人が責められている一方、挑戦しなかった人は何も言われない。

 

よく考えたら変ですよね。

 

Aさんは99回の失敗をしている。

Bさんは1回も失敗したコトが無い。

 

そこだけを聞くとBさんが優秀であるかのように聞こえます。

でも実は、Bさんは1回も挑戦していないのです。

そりゃ、失敗もしませんよね。

 

人類の歴史は、進歩の歴史です。

先人が挑戦し、失敗し、試行錯誤し、少しずつ改善しながら現在につながり、そして現在のボクたちも、未来につなぎます。

 

サラリーマンの人は社内を見回してください。

あなた自身も含めて。

挑戦して失敗を繰り返す人。

挑戦せずに無難にノーミスで乗り切る人。

 

今までに何度か書きましたが、生き残るのは強い者では無く変化に対応できる者です。

なので、現状維持の人は生き残れません。

 

新しいテクノロジーが出たら、率先して試してみてください。

そして、失敗と試行錯誤を繰り返してみてください。

それが必ず活きてきます。

 

古いモノ、古い環境、古い慣習、既得権にしがみつく人は、取り残されます。

それは、数千年、数万年の人類の歴史、そして、数億年の生物の歴史が証明しています。

 

誰かの失敗を責める前に、自分がまず失敗を恐れずに挑むコト。

それが自分を守り、自分の大切な人を守るコトになるのです。

 

と言うわけで、数多くの自己啓発本に書かれているコトですが、本を読まない人は知らなかったかも知れません。

そんな人が気付きを持ってくれれば、この記事を書いた勝ちがあると言うものです。