非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

赤信号を渡ろう

交差点

 

 

刺激的なタイトルを付けてしまいましたが本意ではありません。

あとで書きます。

今日もまた、交差点での交通事故で歩行者が亡くなるニュースを目にしました。

年間の交通事故死者数は3000人から4000人。

つまり、毎日、平均して10人ずつ亡くなっています。

もし、どこかの交通事故で10人が亡くなったら大きなニュースになるはずですよね。

でも、実際には毎日、交通事故で実際に10人ずつ亡くなっているわけです。

明日も明後日も、必ず10人、亡くなるわけです。

それくらい大きな現実が日本の現状なのです。

 

 

青信号

 

 

ボクは、このブログで、繰り返し、青信号について書いて来ました。

歩行者が青信号を見て交差点を横断します。

多くの人が勘違いしていますが、青信号は安全の合図でも何でもありません。

語弊を恐れずに言えば、青信号に何の意味もありません。

意味があるのは、クルマが来ているかどうかです。

クルマが全く来ていないのであれば、赤信号で渡っても安全です。

これがタイトルの意味です。

でも、それは違法です。

なので、まず、ルールとして青信号まで待ちましょう。

でも、青信号であるコトと、クルマが走ってくるかどうかは別の話です。

なぜなら、世の中の何台かに1台は必ず、道路交通法に違反するからです。

あなたが青信号を渡っていても、そこにクルマがツッコんでくれば、あなたは命を落とします。

重要なのは、クルマが走ってきているかどうかです。

でも、多くの人は、なぜか、青信号になったら渡ってしまうんです。

青信号と安全は何の関係も無いのに。

安全かどうかはクルマの有無です。

 

なので、信号を渡る際はたったひとつ、走っているクルマが無いコトを確認する作業が必要なのです。

走っている以上、そのクルマは、信号を無視して突っ込んで来る可能性がありますし、運転をミスして他のクルマにぶつかって、はずみで歩行者をひく可能性があります。

歩道に乗り上げる可能性もあります。

 

多くの人が起こす間違い。

それが、

 

青信号で渡ってしまう

 

と言うコトなんです。

クルマが走っていれば、青信号でも歩行者は亡くなるのです。

当たり前のコトですよね。

なのに、多くの人は、この当たり前の思考ができずに残念ながら命を落とします。

 

見るべきは、信号の色では無く、クルマの動作。

とにかくすべてのクルマが停まっているコト。

これが横断の合図です。

 

ボクがよく見るのは、青信号を見た歩行者が、トラックなどがまだ走ってきているのに歩行する様子です。

これです。

横断歩道

 

 

この人は、このトラックが赤で停まるコトを前提に渡っています。

あなたもたぶんそうでしょう。

でも、このトラックがきちんと赤で停まる根拠は何も無いですよね。

むしろ、何台かに1台は確実に信号無視をします。運転ミスか悪意か体調不良で。

このトラックがそれらに該当しない保証は何もありません。

停まる根拠は何も無いのに、あなたは歩行者信号が青と言う理由だけで渡ってしまう。

その結果、毎年、何の罪も無い人が、何人も何人も命を落としているわけです。

 

繰り返しますが、確認すべきなのは、歩行者信号が青になったコトではありません。

このトラックが確実に停止したかどうかです。

停止したコトを確認してから横断すれば、命を落とすコトは無いんです。

 

交差点での交通事故は、残念ながら、何の罪も無い歩行者が犠牲になるコトが多いんです。

だからと言って、運転手を処罰しても、失われた命は戻りません。

なので、最初から、何台かに1台は必ず信号無視をすると言う前提で横断歩道を渡ってください。

あなたやあなたの家族の命を守るために。

確認すべきは、上図のトラックです。