非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

都道府県魅力度ランキングは気にする必要が無い。

相対評価

 

 

世の中には、相対評価と絶対評価をごちゃまぜにする人が多いので、ボクは昔から、気を付けましょうね、と言っています。

相対評価とは、他との比較であって、それ自体の良し悪しとは別の問題です。

 

例えば、都道府県魅力度ランキング。

 

diamond.jp

 

 

これは絶対評価では無く相対評価です。

つまり、このランキングでトップであるとか最下位であると言うコトと、その都道府県の良し悪しとは関係ありません。

 

 

相対評価の落とし穴

 

 

以前にも同じようなコトを書いたんですが、ここにも書いておきましょう。

例えば、ある学校で、学力が優秀な生徒を集めたクラスがあるとしましょう。

Aクラスと呼びます。

一方、学力が低い生徒を集めたクラスがあるとして、それをBクラスと呼びます。

どちらのクラスにも50人の生徒がいます。

 

数学のテストをしました。

100点満点です。

Aクラスでの最高点の生徒は100点。

最低点の生徒は95点でした。

つまり、95点の生徒は、Aクラスで50位だったわけです。

50人のクラスで50位。

では、その生徒は学力が低いのでしょうか。

いいえ。

100点満点中95点です。かなり優秀です。

みんなが優秀なんです。

その中で比較して50位だったわけです。

 

ちなみに、Bクラスで同じテストをやったところ、1位の生徒が60点でした。

 

このように、相対評価と言うのは、それ自体が優秀であっても、周りとの比較で相対的に再開になるコトがあります。

つまり、順位をもって質の判定はできないわけです。

 

都道府県魅力度ランキングはまさにその事例です。

全国の47都道府県にはそれぞれ魅力があって、ステキな観光地や名物がたくさんあります。

全国の多くの箇所を訪問したボクから見れば、どの都道府県も魅力度は高いのです。

Aクラスですね。

その優秀な中で1位と47位が存在するだけです。

Bクラスなら気にする必要があると思いますが、すべての都道府県はAクラスです。

相対評価である以上、必ず1位と47位が発生します。

47位だから魅力が無いのでは無く、魅力があっても、必ずどこかの都道府県が47位になるだけのコトです。

 

www.b-chan.jp