非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

なぜ喫煙者だけ特別扱いされるのか

喫煙

 

 

ボクは喫煙者では無いですが、喫煙したコトはあります。

単純に人生経験として、ありとあらゆるコトを経験しておこうと言う一環ですね。

タバコも経験しました。

まあ、吸うとおいしいです。

ボクの口には合いました。

ただ、そのコストや、吸うための時間や作業を考えると、人生の多くの時間をムダに捨てるコトになるので、やめました。

煙を吸いまくるので、口の中も肺も真っ黒になり、健康に良いはずも無いですし、周りの人にも有害です。

つまり、喫煙って本人が満足する以外に何のメリットも無いですし、誰かに迷惑をかけるコトはあっても誰の役にも立たないと判断し、ボクは非喫煙者として生きています。

 

一方、喫煙者の数は年々減り、今や人口の大半は非喫煙者になりました。

昔と違って、タバコを吸う人は、ごく一部です。

 

ボクはさっき書いたように、タバコの味は好きなので、タバコ嫌いではありませんが、そう言う個人的な感情論を抜きにして、客観的に不思議に思うコトがあるんですよね。

 

それは、なぜ、色んな趣味趣向がある中で、喫煙だけ特別扱いされるのか、と言うコトです。

 

 

趣味趣向

 

 

街中には多くの喫煙所がありますし、健康増進法に反して、政治家すら、喫煙所を設置しようと言います。

 

ceron.jp

 

 

これに対してボクは疑問に思うんです。

繰り返しますが、喫煙がキライで文句を言うのとは全く別の観点です。

タバコって、色んな趣味趣向のひとつに過ぎませんよね。

なのに、なぜ、喫煙だけ、喫煙所を作ってもらえるんでしょうか。

 

例えば、

 

プラモデルを作る

 

と言う趣味趣向があります。

その人たちのために、街のあちこちに、

 

プラモデル製作部屋

 

を作ってもらえるコトはありません。

その中ではプラモデルを組み立てたり色を塗ったりできます。

でも、そんな部屋を第三者が作ってくれませんよね。

 

例えば、

 

ギターを弾く

 

と言う趣味趣向があります。

その人たちのために、街のあちこちに、

 

ギター演奏部屋

 

を作ってもらえるコトはありません。

その部屋は防音になっていてギターをジャンジャン弾くコトができます。

でも、そんな部屋を第三者が作ってくれませんよね。

 

 

一方、

 

タバコを吸う

 

と言う趣味趣向があります。

その人たちのために、街のあちこちに、

 

喫煙所

 

が作られます。

なぜでしょう?

 

プラモデルを作るのもギターを弾くのもタバコを吸うのも、単なる趣味趣向なのに、なぜタバコを吸う人たちのために、他人が協力する必要があるんでしょうか。

もし、それが正しいと言うのであれば、プラモデル制作者やギター演奏者に対しても協力するのが筋では無いですか?

 

もちろん趣味趣向は世の中に無数にあるので、それら全てです。

 

でも、そんなのに協力していたら、めちゃくちゃです。

だから、趣味趣向は各自が自己負担でやればいいのです。

もちろん、タバコも同じ。

タバコがキライでボクはこんなコトを言うのではありません。

他の趣味趣向と全く同じように、喫煙所は全廃して、喫煙者が自力で自己負担で何とかすればいいと思うんですよ。

と言うか、タバコだけ特別扱いする方が変でしょ?

 

なぜ、数ある趣味趣向の中で、タバコだけ、特別室を作ってあげるのでしょうか?

意味不明です。

喫煙所を作れと言うのなら、プラモデル製作部屋もギター演奏部屋も他の趣味趣向部屋も同様に作らないとおかしいです。