非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Ucomxの両耳Bluetoothイヤフォンが長所だらけで当たりだった

Ucomx

 

 

先日、予告したとおり、新しいBluetoothのイヤフォンが到着しました。

 

 

 

 

Ucomxと言うブランドは知らなかったんですが、Amazonでのレビューが良かったのと価格が安かったので購入。

いわゆるインナーイヤー型のように耳に入れるタイプではありません。

Amazonの画像にあるように、フックを耳に引っ掛けて、本体は耳の穴にかぶさる格好です。

使用イメージ

 

 

長時間使用がラク

 

 

iPhoneが登場して世の中に普及して以降、Appleの高品質な作り方も世の中に浸透しました。

特にパッケージ。Apple製品の箱は非常にコストがかかっていますが、最近は、それにならって、他社製品のパッケージもハイクオリティなモノが増えました。

このイヤフォンもそう。

箱

 

 

上図のようなパッケージで、マット(つや消し)の紙箱なんですが、右側がフラップになっています。

そして、何と、マグネットで心地よく吸い付くように閉まるんです。

Appleに負けないクオリティ。

開けると、こんな感じで、最小限の備品と説明書があるだけ。これまたApple製品のような高品質です。

箱オープン

 

 

製品は、本体がプラスチックのような素材。

イヤーフックとバンド部分はゴムのように柔らかい素材です。

本体

 

 

バンド部分はクビの後ろに回すようにして耳に引っ掛けるんですが、非常にラクです。

今まで数々のイヤーフック型のイヤフォンを使ってきたボクですが、この製品が圧倒的にラク。

一瞬で装着できます。

何せ、耳に入れる必要が無いので、ホントに耳に引っ掛けるだけです。

 

耳に入れないと言うコトがこれほど心地良いとは。

何せ、ずーっと装着していても耳が痛くなりません。

耳に入れるタイプのイヤフォンとも、耳にかぶせるタイプのヘッドフォンとも違います。

とにかく軽くて痛みも生じなくて、装着も取り外しもラクで、理想。

左右が独立しているコードレスタイプのイヤフォンが増えてきましたが、あのタイプは、ボクは紛失するので、選択から除外しました。

この製品のように左右がつながっていると、落下の心配もありませんし、紛失のリスクも非常に小さいです。

 

駆動時間はカタログ値で10時間。これまた最長クラス。

最新のBluetooth 5.0規格なので、このような長時間が可能なのかも知れません。

 

音質は、この手のイヤフォンとしては良い方だと思います。

いわゆる音楽鑑賞用の高価なイヤフォンとは違って、低音が強調されたりはしません。

その分、トークや高音などが非常にキラリとして聞きやすいです。

左右の本体に小さな穴が開いていて、それがちょうど、耳の穴に向くようになっています。

耳のそばに小さなスピーカーを置いているようなイメージですかね。

インナーイヤー型のイヤフォンと違って、耳をふさがないので、密閉感は無く、その分、外の音も十分に聞こえます。

なので、ジョギングにピッタリ。

装着感もバツグンで、ピッタリフィットするので、ジョギング程度では落下しないと思います。

 

もちろん、防水(IPX5)。

 

あと、左右をつなぐバンドは、弾力のあるゴムのような素材ですが、触るとそこそこ固く、ケーブルのような断線の心配も無さそうです。

ケーブルのようにダラリと垂れ下がるのでは無く、きちんと形状を記憶する固さです。

適度にグニャグニャと変形するので、収納時は比較的小さくできます。

 

音漏れは、意外なほど小さいです。一般のイヤフォンと同等か、やや小さいくらいだと思います。

 

そんなわけで、耳を密閉して音楽に没頭するには向いていませんが、ジョギングにはピッタリです。

 

こうやって書いていて、実際、かなり長所が多く、短所が少ないイヤフォンで、今回の買い物は当たりだったと素直に思いました。

これからBluetoothイヤフォンを買う人には、候補として、オススメしておきます。

 

手に持った様子。

手に持った様子

 

 

バンドに弾力があるので、ケーブルのように垂れ下がるコトは無く、このように、ある程度、形状を保ちます。写真では直角に見えますが、折れ曲がっているわけでは無く、たまたまそのような角度に写っただけです。 

形状を保つので、後頭部にピッタリフィットするわけです。