非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

めちゃくちゃ楽しいFocosアプリで写真の被写界深度を体感しよう

深度データを扱う

 

 

最近のiPhoneには、カメラのレンズが複数あるモノがあります。

ボクがいま使っているiPhone XS Maxも2つのレンズを持っています。

複数のレンズを使うコトで、iPhoneで撮った写真は深度データを持つコトができるのです。

深度データを持つ写真は深度コントロールが可能です。

深度コントロールとはどう言うモノか。

見てみましょう。

 

 

Focos

 

 

深度コントロールができるアプリとして、Focosを使ってみましょう。

 

Focos

Focos

  • Xiaodong Wang
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

 

今回は、こんな写真を撮ってみました。

ボクの部屋ですが、手前に缶コーヒー、その向こうに時計、一番奥に本が見えています。

こう言った奥行きのある写真を用意しましょう。

元の写真

 

 

このアプリ、めちゃくちゃ多機能なんですが、全機能を使うにはアプリ内課金が必要です。

ボクは1,600円でフル機能を解除しました。

 

ここでは、絞りを調節してみます。

絞ると、被写界深度は深くなります。つまり、手前から奥までピントが合うようになります。

では、絞り値F20で。

f20

 

 

すると、こんな写真になりました。手前の缶コーヒーにも、奥の本にもピントが合っています。

被写界深度が深い

 

 

次にスライダーを右端にして絞り値をF1.4まで解放します。

f1.4

 

 

すると、手前の缶コーヒーにはピントが合い、それ以外はボケました。

手前にピント

 

 

ここで、時計をタップすると、ピントは時計に合います。缶コーヒーと本はボケます。

真ん中にピント

 

 

今度は本をタップします。すると本にピントが合って、缶コーヒーと時計はボケます。

奥にピント

 

 

どうですか。普通に1枚の写真を撮っただけなんですが、その中に深度データを持っているので、こうやって深度コントロールが可能なわけです。

これはフィルムカメラでは絶対に実現できない、複眼(複数のレンズ)のデジタルカメラならではの機能ですね。

 

ちなみに、三次元で深度データを見る機能もあります。

こんな感じ。

立体図

 

 

缶コーヒーと時計と本が前後に位置しているコトが良くわかります。

 

今回は、Focosで深度コントロールを扱ってみました。

他にも様々な加工ができるアプリですので、良ければ試してみてください。