非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneのホーム画面の表示ページを任意に変更する

iPhoneのホーム画面の表示非表示

 

 

iOS 14の小ネタシリーズ、今日も続けます。

今回は、iPhoneのホーム画面(アプリのアイコンが並んでいる画面)の任意のページの表示非表示を切り替える方法です。

従来のiOS 13までは、アプリが1個でもあれば、ホーム画面は常に表示されていました。

今回のiOS 14では、Appライブラリ画面には常にすべてのアプリが表示されますが、ホーム画面にはアプリは表示させないコトもできますし、ホーム画面そのモノを非表示にしたりできます。

 

 

ホーム画面のページ表示調整のやり方

 

 

どこでも良いので、ホーム画面のどこかを長押しします。

ホーム画面を長押し

 

 

すると、おなじみの、アプリアイコンがブルブルと震える状態になります。

この状態で、画面下部にあるページコントロール(「・・・」の部分)をタップしましょう。

ページコントロールを押す

 

 

すると、存在するホーム画面が一覧でまとめて表示されます。

実際に表示されているホーム画面のページにはチェックマークが点いています。

非表示にするページのチェックをタップして外しましょう。

ここで非表示にしてもホーム画面やアプリが削除されるわけではありません。

あくまでも非表示になるだけです。

チェックマークを外す

 

 

最低1画面は残す必要があります。終わったら完了ボタンを押し、ホーム画面に戻ってもう一度完了ボタンを押します。

完了

 

 

上図では、ホーム画面は5画面のうち1画面だけが表示されるようになりました。

なので、2画面目以降にあるアプリは、Appライブラリから探すコトになります。

 

繰り返しますが、従来のiPhoneと違って、ホーム画面は単なる表示のための画面になりました。

ホーム画面を非表示にしても、それは削除では無いと言うコトです。

アプリの実体はあくまでもAppライブラリにあります。

 

www.b-chan.jp