非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneのカメラアプリでQRコードを直接、読み込める

iPhoneのカメラ

 

 

こんにちは。

たぶん、カメラとして、世界一の台数が使われていると思われるiPhone。

もはや、電話としてよりも、カメラとして使われるコトの方が多いかも知れませんよね。

年々、iPhoneのカメラも進化していて、最新のiPhone XSシリーズとiOS12.1の組み合わせだと、リアルタイムに被写界深度を変えられる機能があります。

いわゆる一眼カメラが光学的に行う処理を、iPhone XSシリーズはコンピュータの処理能力を使って人工的に行うわけです。

 

iOS12.1が入ったiPhone XSシリーズでポートレートモードにすると、右上に、fボタンが現れます。 

fボタン

 

 

それを押すと、このような画面に。この例ではf4.5と表示されていますが、左右にスワイプすることでfの値が変化します。

被写界深度

 

 

ホントは人物の画像で説明すればわかりやすいんですが、いまこれをボクはひとりで書いているので、人物モデルがいなくて、上記の画像ではただの壁を写していますが、実際に誰かを写すときに試してくださいね。

面白いですから。

 

 

QRコード

 

 

あと、これはiOS11からすでに実現しているんですが、iPhoneの標準のカメラアプリで、QRコードを読み込むことが可能です。

昔から、QRコードを読み取るためのアプリはたくさん存在したんですが、もはや、その目的のアプリは不要になってしまいました。

 

ここにQRコードを載せてみます。ボクのこのブログのホームページのQRコードです。

iPhoneのカメラで写してみてください。

QRコード

 

 

と言っても、シャッターボタンを押す必要もありません。画面に写すだけ。

すると、こんな表示になります。

QRコードを読み込んだ様子

 

 

あとは画面上部のメッセージをタップすれば、自動的にSafariが起動して、そのページが表示されます。

 

そんなわけで、年々進化するスマートフォンのカメラ。

もはや、一眼カメラは、プロカメラマンかカメラが趣味の人にしか必要無くなりそうです。

ボクはペンタックスのKPが好きなんですが、手に入れる日は来るんでしょうか。