非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

MacにワイヤレスでiPhoneの画面を表示する

QuickTime Player

 

 

iPhoneの画面をMacに表示するのはカンタンです。

iPhoneをMacにケーブル接続します。

そして、Macに入っているQuickTime Playerアプリを起動し、「ファイル」メニューから、「新規ムービー収録」を選択します。

ファイル選択画面になったら、「キャンセル」ボタンを押します。

次のようなメイン画面の赤いボタンの右側になる小さなボタンを押します。

QuickTime PlayerでのiPhone

 

 

そして、iPhoneを選択するだけ。

QuickTime PlayerでのiPhone選択状態

 

 

すべてのMacにはQuickTime Playerが入っているので、どのiPhoneでもカンタンにMacに表示できますし、赤いボタンを押せば録画もできます。

iPhoneの操作を動画で保存するのに最適です。

 

 

AirPlay

 

 

しかし、Apple製品にはAirPlayと言う有名な規格があります。

AirPlayに対応したオーディオ製品なら無線で音楽を流せます。

AirPlayに対応したビデオ製品なら無線で動画を流せます。

 

iPhoneとMacもAirPlayで無線で接続するコトができます。

そのためのアプリが、

 

www.airsquirrels.com

 

です。

このアプリをインストールして起動します。

この状態で、iPhoneのコントロールセンター(画面を右上から左下へスワイプ)を起動します。

そして、「画面ミラーリング」ボタンを押します。

ミラーリング

 

 

そして、Macを選択しましょう。

ミラーリング選択

 

 

これで、iPhoneの画面が無線でMacに映ります。

Relfector

 

 

Reflectorでも録画可能です。

 

そんなわけで、ちょっと遊んでみました。

MacにiPhoneを表示して、iPhoneのカメラアプリを起動します。

それをiPhone自身で撮影するのです。

すると、こんな感じ。

www.youtube.com

 

 

以上、良い使い方を模索してみてください。