非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Apple PayのモバイルSuicaはオートチャージにしないと意味が無いと思う

現金

 

 

こんにちは。

 

時代は確実にキャッシュレスに向かっています。

早かれ遅かれ、そうなるんだから、ボクは人より早く使いたい。

ボクはそんな性格なので、おサイフケータイを使い始めたのも2006年。

すでに10年以上前です。

いわゆる、アーリーアダプターと言うくくりに入りますね。

 

最近は、おサイフケータイと言う言い方はあまり聞かなくなり、モバイルSuicaと呼ぶようになりました。

厳密には両者は別で、おサイフケータイはドコモ、モバイルSuicaはJR東日本の規格ですが、最近はSuicaの普及がめざましいので、もはやモバイルSuicaが電子マネーの代名詞のようになっています。

 

このブログにも何度も書きましたが、ボクの日常生活の買い物はほぼすべてiPhone決済。

iPhoneのApple PayにモバイルSuicaや各種クレジットカードを登録しています。

今のところ、鉄道の駅の改札を通れるのはモバイルSuicaだけなので、ほぼメインのカードになっています。

 

モバイルSuicaは、使っていくと残高が減るので、チャージをする必要があります。

チャージをするのに現金を使う人が、まだまだ多いんですよね。

 

 

ムダ

 

 

電子マネーであるSuicaに現金でチャージするなんて、本末転倒だと思いませんか?

店で現金で買い物をする手間を避けるのが電子マネーの主目的。

なのに、わざわざATMで現金を下ろしてSuicaにチャージしてから、そのSuicaで買い物。

むしろ手間が増えてますよね。

まったくのムダ。それどころか、かえって弊害。

 

そこで、Suicaのオートチャージ機能を使うんです。

オートチャージを使うにはクレジットカードが必要。

しかも、JR東日本系列のVIEWカードが必要です。

それをiPhoneに登録しなければなりません。

 

ボクは今まで、ノーマルのVIEWカードを使ってオートチャージしていました。

しかし、ノーマルのVIEWカードって年会費がかかるんですよね。

なので、このたび、ビックカメラSuicaカードに替えました。

ノーマルのVIEWカード同様、ビックカメラSuicaカードも、それ自体がSuicaですが、そのSuica機能は使いません。

iPhoneのモバイルSuicaを使うわけですから。

カードはあくまでもオートチャージ用のクレジットカードとして使います。

ビックカメラSuicaカードも年会費は有料なんですが、年に1回でも買い物をすれば、翌年の年会費は無料になります。

なので、オートチャージ用のカードとしてビックカメラSuicaカードを登録すれば、年に1回でもオートチャージが発生すれば、翌年の年会費は無料。

ビックカメラの店舗を利用するかどうかは関係無いんです。

よって事実上の半永久的に無料。

これで、ボクは、ノーマルのVIEWカードは解約。

VIEWカード

 

 

みなさんも、iPhoneとモバイルSuicaとビックカメラSuicaカードを使って、実質年会費無料で、オートチャージのApple Payを使いましょう。

もう、かなりの店で現金不要で買い物できますよ。

iPhoneさえ持ち歩けば、財布を忘れて街まで出掛けても構わないのです。