非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneのカメラで被写界深度コントロールを使ってみよう

被写界深度

 

 

最近のiPhoneの標準のカメラアプリには、ポートレートモードがあります。

ポートレートモードで撮影した画像は、手前の被写体と奥の被写体とで、異なる距離情報を持たせるコトが可能です。

これによって、より美しいポートレート写真を作れるのです。

例えば、手前の人物にピントを合わせて、背景をボカすと、人物が浮き出た美しいポートレートができあがります。

一般的には、被写界深度は写真を撮った瞬間に決まりますが、iPhoneには、それを人口的に作り出す機能があるのです。

 

被写界深度については、ボクの過去の記事をどうぞ。

 

www.b-chan.jp

 

 

ポートレートモード

 

 

実際にやってみます。

 

カメラアプリで、ポートレートモードに合わせて、テキトーに写真を撮ってみましょう。

人物の写真がベストですが、とりあえず部屋にいるので、マグカップでやってみました。

 

まずは撮影です。

ポートレートモード

 

 

撮影が終わったら、写真アプリで写真を見ましょう。こんな感じですね。

オリジナルの写真

 

 

では、写真アプリの右上の「編集」をタップします。

写真編集

 

 

すると、写真のすぐ下に目盛りが表示されます。初期状態では、f4.5になっています。

被写界深度オリジナル

 

 

この目盛りを一番左端の、f1.4にしてみます。被写界深度が一番浅くなります。ピントの合う範囲が狭く、つまり背景がボケます。

被写界深度浅め

 

 

逆に目盛りを右端のf16にしてみます。被写界深度が一番深くなり、手前にも奥にもピントが合うようになります。

被写界深度深め

 

 

こんなふうに、iPhoneは演算処理で画像を加工して被写界深度をコントロールできる機能があります。

ただしこれは、あくまでもコンピュータ処理による擬似的なモノ。

ホントに美しいポートレート写真を撮りたければ、センサーサイズの大きなカメラを買ってください。