非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone 11 Proのレンズが正三角形の配置になった理由を推測する

iPhone 11 Proの3眼カメラ

 

 

iPhone 11 Proシリーズは、3眼カメラが話題です。

iPhone 11 Proのレンズ

 

 

従来のiPhone XSシリーズの2眼と比べてレンズが1つ増えたので、レンズが目立ち、ある意味で不気味なデザインだと言われていますが、レンズが目立つのは数が増えたせいだけではありません。

次の2つの理由もあります。

 

  • レンズのサイズが巨大化した。
  • レンズ周辺のブラックアウトが無くなった。

 

従来のiPhone XSと比べてみてください。

iPhone 11 ProとiPhoneXS

 

 

右のiPhone XSはレンズ周辺が黒いのでわかりにくいですが、レンズ自体は小さいです。

左のiPhone 11 Proはレンズ自体が巨大化しているのです。

だから、レンズが目立つのです。

レンズの巨大化は、取り込む光の量が増えるので、画質の向上に役立ち、これはこれで正解です。

 

 

幾何学的な美しさ

 

 

ところで、iPhone 11 Proの3つのレンズの配置について、違和感がありませんか?

ボクはあります。

Appleらしくない配置だと思いました。

縦や横にキレイに並ぶのがAppleらしいと思ったのです。

例えば、垂直と水平にキレイに並ぶ配置。

縦横に並ぶ

 

 

あるいは、縦に一直線に3つ並ぶ配置。

縦に並ぶ

 

 

デザインとしては、これらの選択肢もあったはずですし、実際に検討もされたと思います。

ちなみに、iPhone Xよりも前のiPhoneでは横に2つ並んでいましたね。

 

さて、結果として、iPhone 11 Proのレンズ配置は、正三角形になりました。

iPhone 11 Proのレンズ

 

 

何となく幾何学的には美しくないと思われるこの配置。

なぜこうなったと思いますか?

 

ボクはiPhone 11 Proの実機を操作して、カメラアプリを使ってみて想像しました。

iPhone 11 Proのカメラアプリは、実によくできています。

ズーム機能がすばらしいのです。

 

一般のカメラのズームレンズは、レンズが伸び縮みするコトで、ズームの倍率を変えるコトができます。

しかし、iPhone 11 Proの場合は、焦点距離の異なる3つのレンズを配置しています。

 

  • 超広角レンズ(13mm)
  • 広角レンズ(26mm)
  • 望遠レンズ(52mm)

 

そして、実際にカメラアプリでズーム機能を使うと、これらの3つが切れ目無くスムーズに連動するのです。

13mmの超広角から26mmの広角や52mmの望遠に切り替える際、画像が切り替わるのでは無く、きちんとズームします。

ズームの途中で別のレンズに切り替わっているはずなんですが、それを気付かせずに、ズームするのです。

このスムーズさがAppleらしい出来映え。

 

厳密に言えば、レンズの位置が少しずつ異なるので、映っている画像も、ほんの少しだけ角度がズレているはずですよね。

そこでAppleが考えたわけです。

3つの異なる場所に配置されるレンズに映る画像を、できるだけズレを少なくするにはどうすれば良いか。

 

そうです。

正三角形に配置するコトです。

 

そうすることで、どのレンズも均等の距離になり、しかも最短距離になります。

 

例えば、垂直と水平の配置なら、上下と左右のレンズは近いですが、斜め位置のレンズは離れています。

縦横矢印

 

 

縦に3つ並ぶ配置だと、一番上と一番下のレンズが離れすぎます。

縦に3つ矢印

 

 

レンズの距離が離れれば、それだけ、映る画像のズレも大きくなるのです。また、ズーム操作した時の違和感も大きくなります。

 

それで落ち着いたのが、3つのレンズを正三角形に配置するコト。

iPhone 11 Pro 矢印

 

 

これで、3つのレンズが等間隔になり、しかも最短距離です。

このおかげで非常にクオリティの高いスムーズかつ違和感の無いズーム動作が可能になりました。

1本のレンズが伸び縮みするカメラなら、こんなコトは考えなくて済むんですが、薄いiPhoneならではの試行錯誤だと思います。

 

なお、もし将来、4枚のレンズになれば、どうやっても均等配置にはできません。

正方形に配置すると、上下左右と対角線上のレンズとで距離は異なりますから。

そう考えると、レンズ数の増加は今回の3枚で終わりかと思います。