非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone、iPadでの最大の不満

iPhone、iPadとAndroid機

 

 

世界のモバイル機器は主に、Apple陣営とAndroid陣営に分かれています。

その他の陣営はシェアが小さすぎて世の中にはほとんど影響を与えていません。

 

AppleにはAppleのファンがいて、AndroidにはAndroidのファンがいて、それぞれ争っています。

 

www.b-chan.jp

 

 

ボクはどちらのファンでもありませんが、今のところiPhoneを使っています。

単に使っていて便利だからであって、昔から、より便利なモノが出たら、あっさりとそれに乗り換えます。

 

当たり前の話ですが、Apple製品にはApple製品の長所と短所があり、Android機にはAndroid機の長所と短所があります。

どちらかが絶対敵に優れていると言うコトは無いのです。

そのそれぞれの長所と短所の中で、自分が重視する点を自分の判断でピックアップし、それに合う機種を選べば良いのです。

ボクの場合は、使っていて便利だと思う機能や操作性が、たまたまiPhoneだったと言うだけです。

当然ながら、iPhoneやiPadにも、Android機に劣る面もたくさんあります。

 

 

iPhone、iPadでの最大の不満

 

 

ぶっちゃけ言えば、Apple製品も、Android機も、コモディティ化してしまって、技術的には大差は無いのです。

技術的には大差は無くても、考え方の相違から搭載するしないを決めるのが、両者の機能の差異になっているのです。

 

例えば、Android機は、OS全体をカスタマイズしやすい、すなわち、自由度が大きいのです。

様々な機能を付加できるのです。

もちろん、Appleにも、それくらいの技術はあるんですが、あえてやらないわけです。

理由はカンタンで、カスタマイズしやすくなるほど、セキュリティの維持が難しくなるからです。

カンタンに例え話をします。

例えば、自分が住んでいる部屋の模様替えを、

 

  • 自分で行う
  • 業者に任せる

 

の2パターンで考えます。

前者の場合は、自分ができるコトに限度があり、大した模様替えはできないかもしれません。

その代わり、他人に任せないので、隅々まで自分が把握できます。

後者の場合、業者の専門性により、高度な模様替えができます。

しかし、その業者がこっそりと盗聴器を仕掛けるかもしれません。

 

そう言う話です。

あくまでも可能性の話ですが、Apple側はある程度の制限があっても、なるべく他人には侵入させず、セキュリティを守る意思があります。

Android側にももちろんセキュリティの意識はありますが、部屋の中に侵入させる以上、完全にそれを防ぐのは難しいのです。

 

あくまでも可能性であり、もちろんAppleのセキュリティも完璧ではありません。

 

それを知った上で、どちらを選ぶかは、結局は消費者に委ねられます。

 

ボクが、iPhoneやiPadを使っていて、最大の不満点は、ほとんどの電子書籍アプリ内で、電子書籍を買えない点です。

これは、アプリ内での購入に対して、Appleが手数料を課すからです。

例えば、AmazonのKindleアプリ。

もし、Kindleアプリ内でKindle電子書籍を購入できるようにすると、AppleはAmazonから手数料を取れます。

逆に言えば、アマゾンの儲けは減ります。

仕方が無いので、Amazonは、アプリ内で購入する機能を省いて、ウェブブラウザのKindleストアページで購入させるようにしています。

この結果、ユーザーはとても不便な思いをしています。

そして、さらに言えば、結局、Appleは、手数料を取れていないのです。

ユーザーが不便な思いをして、Appleも手数料を取れないのであれば、それはもはや、iPhone、iPadのデメリットでしかありません。

 

Androidでは、Kindleアプリ内で、Kindle電子書籍を購入できるのです。

なぜなら、Googleはそれに対して手数料を課さないからですね。

 

要は、これは、AppleとGoogleの技術の差では無いのです。

単なる考え方の差、なのです。

 

ボクは、iPhoneでもiPadでも非常に多くの本を読みます。

1年に何百冊も読みます。

なので、その不便さを日常的に味わっています。

この点についてはAndroidの勝ちです。

 

Appleは先日、ウェブブラウザやメールアプリの他社への解放を発表しました。

 

japanese.engadget.com

 

 

iPhone、iPadの不便のひとつが解消されるわけです。

同様に、電子書籍の解放も行ってもらいたいモノです。

Kindleアプリなどのアプリ内で電子書籍を購入できるように。つまり手数料の無償化。

ついでに言えば、カメラアプリやマップアプリの解放も。

なぜか、ウェブブラウザとメールだけなんですよね。

 

そんなふうに、iPhone、iPadには、Androidと比べて不満がいくつかあります。

その代わり、Androidと比べて激しく便利な機能も色々あります。

それらを非常によく使うので、ボクはAndroidでは無くiPhoneやiPadを使っているわけです。

それらについては、このブログの過去記事をあさってみてください。