非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ストラップのメリット

心配性

 

 

ボクは心配性なので、こんな記事をたまに書いています。

 

www.b-chan.jp

 

www.b-chan.jp

 

 

今日、ボクの心配していたことが起きました。

エスカレーターに乗っていたときに、上にいる人がスマートフォンを手から落としたんですよ。

エスカレーターのサイドにある坂道を猛スピードで滑り落ちていったスマートフォンは一番下の床に激突して破損。

驚くほど大きな音がしました。

たまたま誰にも当たらず、ケガ人はいませんでした。

でも、スマホじゃなくって、もっと大きな荷物だったら。

例えば、エスカレーターでスーツケースから手を離している人。

もしそれが何かのはずみでで滑り落ちて、一番下の人に激突したら、大ケガします。

下手したら亡くなるかも。

ボクは心配性なので、エスカレーターに乗ったらいつも、上の人が何かを落とさないかヒヤヒヤしています。

 

 

ストラップ

 

 

ひび割れだらけのiPhoneを見かけるのは珍しくありません。

落とすから割れるのです。

落としても衝撃から保護できるようなフィルムやケースも売られていますね。

ボクは2009年から9年間、iPhoneを使っていますが、1回も落としたことはありません。

1日に10回、スマートフォンを持つと仮定して、年間で3650回。

1万回に1回くらいは落とす可能性があるとすれば、3年に1回くらいは落とすでしょう。

でも、ボクは9年間でゼロ。

なので、iPhoneのひび割れ経験もゼロ。

 

理由はカンタンで、ストラップを使っているからです。

短すぎるストラップではありません。

クビから下げる長すぎるストラップでもありません。

計算され尽くした長さのストラップです。

これ。

ストラップ

 

 

ハンドストラップですね。

いつも、iPhoneを手にぶら下げています。

なので、iPhoneがあっても両手は自由に使えます。

iPhoneを使うときだけ手に持つんです。

ストラップが短すぎると、手を通すのが面倒。

ストラップが長すぎると、手から抜け落ちます。

ちょうど良い長さのを選んでいます。

ボクの場合はこの長さ。

長さ

 

 

片面で約15cm。輪っか全体で約30cm。

これは人によって違うはずです。

自分に合うのを探してみましょう。

頑丈なケースも頑丈なフィルムも不要です。

ストラップがあるおかげで、落とす心配は無くなるので、あとはiPhoneにキズさえ付かなければ、それでOK。

むしろ、薄くて軽いケースが便利です。

 

www.b-chan.jp

 

 

ちなみにボクはストラップは、数本まとめ買いしています。

細い紐の部分がだんだん劣化するので、年に1回か2回程度、新しいのに交換するからです。

安全のため、ストラップ、付けません?

誰かをケガさせなくて済みますし、自分もひび割れスマホを使わなくて済みます。

便利ですよ。

手にぶら下げておけるので。