非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneで台形の写真を長方形にしてみよう

写真アプリの編集機能

 

 

iOS13になって、iPhoneの写真アプリの編集機能が強力になりました。

今回は、その中で、回転機能を試してみましょう。

 

まず、こんな写真を用意しました。

元の写真

 

 

iPhoneの写真ですが、ちょっと斜め上から撮影したので、長方形のiPhoneがやや台形に近い形で写っています。

 

これを写真アプリで表示します。

こんな感じの画面ですね。 

写真アプリ

 

 

では、右上にある編集ボタンを押しましょう。

 

 

回転機能

 

 

画面の下に、3つのボタンが並んでいるので、右端のボタンを押します。

回転モードに入る

 

 

これで、写真を変形するモードになりました。

 

ここで、軸について知っておきましょう。

この図です。

XYZ軸

 

 

X軸は左右、Y軸は上下、Z軸は前後です。

赤い矢印は、それぞれの軸を中心に回転する様子を表しています。

 

では、画面に戻ります。

左から、Z軸、X軸、Y軸のボタンがあります。 

X軸Y軸Z軸

 

 

いずれかのボタンを押すと、その軸を中心に画像が回転するモードになります。

 スライダを左右に動かして画像を回転させましょう。

スライダ

 

 

実際の様子は、文字で書くよりも自分でやってみた方がわかりやすいので、試してください。

 

今回の写真の場合は、iPhoneの上部がやや細くなっているので、X軸を中心に回転して、上部を手前に、つまり大きくするイメージですね。

そして、Z軸回転してiPhoneの傾きをまっすぐにしました。

 

できあがったのが、こちら。

修正後

 

 

いかがですか。

まるでiPhoneを正面から撮影したかのように、キレイな長方形に補正されましたね。

修正が完了したら、画面右下のチェックマークを押せば、iPhoneの写真アプリ内にはその状態で保存されます。

なので、その写真をTwitterやInstagramに投稿するなど利用できるわけです。

 

ちなみに、この写真アプリでの修正は、

 

非破壊編集

 

と言って、実は、元の画像はきちんと残っています。

修正後の写真を写真アプリに表示して、再び編集ボタンを押すと、次のような確認画面を経て、元の写真に戻すコトができます。

元に戻す

 

 

オリジナルに戻す

 

 

非破壊編集は、回転だけでは無く、明るさやコントラストの変更など、他の項目でも同様です。

いつでも元に戻せると言うコトは、失敗を恐れずに加工・編集できると言うコトです。

 

かなり強力になったiOS13の写真アプリで遊んでみてください。

 

最後に、手元のロールケーキを回転機能で加工しました。

こんなに変化するんです。

 

 

元のロールケーキ

 

 

加工後のロールケーキ