非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

日清の豚園を食べたのでメモ

日清の二郎インスパイアラーメン

 

 

ラーメン屋さんのひとつの人気ジャンルとして二郎系があります。

これは、東京の三田にあるラーメン二郎を元祖として、全国に広がったジャンルです。

慶応大学のそばにあるので、慶応大学生の御用達ですが、あまりにも人気があり、日本中のラーメン屋さんが真似るようになりました。

 

特徴としては、

 

  • 極太で食感がワシワシ(ゴワゴワ)の麺。
  • 強烈な醤油風味と豚骨が混ざったダブルスープ。
  • 量を調整可能な野菜(主にモヤシとキャベツ)。
  • ステーキのように分厚いチャーシュー。
  • 基本的に安い。

 

ビジュアルに特徴があるので、知らない人は、画像をどうぞ。

 

www.google.com

 

 

ボクも、この麺と、強烈な醤油豚骨スープと、デカいチャーシューにやられました。

大好きです。

身体に悪そうです。

カロリーも軽く1000キロカロリーを超えます。

でも、おいしいです。

 

全国に、元祖二郎を超えようとして、二郎インスパイアと呼ばれるラーメン屋さんがたくさん登場しています。

 

そして、昨今、コンビニでも、二郎インスパイア商品が続々と登場しています。

そこに参入したのが日清食品なんですね。

3月に出た商品ですが、ようやく食べてみたので、メモ代わりに書いてみます。

 

 

豚園

 

 

日清はカップラーメンやチキンラーメンの会社なので、二郎インスパイアもインスタントラーメンです。

ただし、カップ麺ではありません。

箱に入っています。 

豚園と言う商品名ですね。

箱

 

 

買って来た後で、もやしは別売だと知り、後で、もやしと煮卵を買いに行きました。

モヤシと卵

 

 

箱を開けると、乾燥したチャーシューと、液体スープが出てきます。麺は別途、袋に入っています。

小袋

 

 

麺の袋を開けると、ニンニクと背脂の袋が出てきます。これらは生タイプですね。麺は乾燥した揚げ麺タイプ。

麺

 

 

水を500ml沸騰させます。

もやしは別途、電子レンジで3分間温めます。

麺のゆで時間は5分間。チャーシューと同時にゆでます。

 

ゆであがり直前にスープを入れ、ひと煮立ちさせて火を止めます。

麺とスープとチャーシューを器に入れ、もやしを載せ、ニンニクと背脂も載せます。

 

ビジュアルは、二郎に近いですね。

できあがり

 

 

麺リフト。ますます二郎に近いです。

麺リフト

 

 

食べた感想は、当たり前ですが、店舗で食べる二郎系のラーメンには全く及びません。

麺は柔らかく麦の風味も弱すぎます。

スープは薄いです。あのカネシ醤油のパンチはもちろんありません。

背脂のおかげで、豚の風味はありますが、店舗にはかないません。

もやしは普通においしかったです。

 

このラーメンでは、本物の二郎のおいしさを感じるコトはできないので、未経験な人は、東京の三田にあるラーメン二郎へどうぞ。

 

ただし、本物の二郎を無視して、単なるインスタントラーメンとして考えると、実においしいんですよね。

多くのインスタントラーメンは粉末スープですが、これは液体スープ。トッピングも生。

麺の歯ごたえも、一般のインスタントラーメンとは比較にならない良さです。

 

二郎 > 豚園 > 一般のインスタントラーメン

 

と言ったところ。

ボクの中では、これに勝つインスタントラーメンは、日清のセブンイレブン専用商品である、蒙古タンメン中本のカップ麺だけ。

 

ただ、コンビニには、電子レンジで温めるだけの二郎インスパイアラーメンが売られていて、そちらの方が手軽で、麺もスープも良くできているので、あえて豚園を買う意義が見当たらないんですよねえ。

あえて言うなら、水を少なめにして、ゆで時間を短めにして、味や歯ごたえを調節できるところでしょうか。

 

と言うわけで、話のネタに作ってみるのは良いと思います。