非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ラーメン屋さん

麺とスープ

 

 

ボクはラーメンの食べ歩きが趣味です。

優先順位は、麺、スープ、具材、の順番です。

ラーメンの場合、最初に一口、スープをすすり、そして麺を食べる。

つけ麺の場合、最初に一口、麺をそのまますすり、そして、麺に浸けて食べる。

 

麺の麦の風味や歯ごたえを感じるのがたまらないのです。

ああ、世の中に、こんなにおいしい素材があるのか、と。

白米を食べているときにも同じ感覚になりますね。

白米をかみ続けていると到達する甘さ。

 

穀物のおいしさです。

 

そして、ラーメンの話に戻ると、次に大切なのが、麺とスープの絡み。

スープが麺に上手く絡むかどうか。

 

正直言って、この時点で、ラーメンの良さは完成。

 

具材はオマケです。

 

 

おいしくないラーメン

 

 

ボクはこのブログで何度も、相対論と絶対論の話をしてきました。

相対論とは他者と比べての話。

絶対論とは他者と比べない話。

 

例えば、おいしくないラーメンと呼ばれるモノが世の中には存在します。

ボクにとっては、おいしくないラーメンは存在しません。

 

食べたコトのある、すべてのラーメンがおいしかったです。

そして、その、すべてのおいしいラーメンの中で、相対的においしい、相対的においしくない、と言う比較があるわけです。

 

絶対的においしくないラーメンは存在せず、相対的においしくないラーメンは存在する。

 

要はすべてのラーメンはおいしい。

 

だから、ボクはこれからもラーメンを食べ続けます。

 

相対、絶対、の話に関しては、過去に書いた、プロ野球の三冠王の話。

このあたりがわかりやすそうです。

 

www.b-chan.jp