非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Flickr問題。結論。

サブスクリプション

 

先日、こんな問題を話題にしました。

 

www.b-chan.jp

 

 

要は、このブログで使う画像の保管庫としてのFlickrが無料プランを大幅に改悪したってコトで。

で、しばらく考えましたが、ボクはFlickrにおカネを払うコトにしました。

 

www.flickr.com

 

 

Flickrの無料ユーザーからProユーザーへの移行です。

この11月末までに入会すれば、とりあえず年会費が30%オフになります。

定価の49.99ドルが35ドルほどで済みます。

年間35ドルなら、まあいいか、と。

しかも従来の無料プランの容量は1TB(テラバイト)。

今回のProユーザーなら容量無制限。

そうなると、ブログ画像以外にも、スマホやカメラで撮影した、あらゆる写真や動画も保存できますね。

 

例えば、ボクはiPhoneとMacのユーザーなので、iPhoneで撮影した数多くの写真はMacの写真アプリに移し、それをFlickrの自動バックアップアプリを使ってFlickrに保存するようにしています。

 

www.flickr.com

 

何せ容量無制限。

もう、Amazonドライブも契約しなくて良くなりました。

Googleフォトも無制限ですが、あっちは画質が劣化しますしね。

 

と言うわけで、ブログ画像とプライベート写真・映像はすべてFlickrProに。

それが今のボクの結論。

 

とは言え、すべてをクラウドに置くのもまだ面倒なコトもあるので、一次保存は自宅のディスクに、二次保存がFlickrProと言う考え方です。

 

 

SSD

 

 

従来は、一時保存ディスクとして、ハードディスクドライブ(HDD)が一般的でしたが、もはや時代はSSD。

これを見てくださいよ。

 

 

 

 

1TBもの容量があり、USB3.1にも対応。

HDDと違って可動部品も無いため基本的にクラッシュの心配も無し。

高速でサイズも非常にコンパクト。スマホ程度の大きさです。

HDDと比べて、まだ価格が高いのがSSDの欠点ですが、それでも1TBで2万円なら、写真や動画の保存にはピッタリでは?

HDDだと、いつかはクラッシュしてデータが全滅するリスクがあります。

もちろんSSDにも寿命はありますが、現在の技術ではすでに、理論的には、普通の人が普通に使う限りは問題無いと言えます。

 

chimolog.co