非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Windows用キーボードをMacで使うKarabiner-Elements設定

Windows用キーボード

 

 

ボクの自宅のパソコンはiMacなので、純正のMagic Keyboardをずっと使っています。 

Magic Keyboard

 

 

Magic Keyboardはワイヤレスで薄型です。

たまに充電が必要なのと、薄すぎて、手前のMagic Trackpadの厚みに負けるのが欠点です。

 

www.b-chan.jp

 

 

たまたま、手元に、Windows用の安いキーボードがあったので、Macに接続してみました。

 

 

 

USB接続の有線キーボードです。

接続すると、あっさりとMacで使えました。

 

 

Karabiner-Elements

 

 

WindowsのキーボードをMacで使うと、キー配置が少しだけ違うので、Macの配置に設定して使うのがおなじみです。

そのためのアプリがKarabiner-Elementsです。

 

karabiner-elements.pqrs.org

 

 

最初の1回だけ、キーボードの設定をするわけですが、好みは人それぞれなので、自由に設定します。

ボクの場合は、こうしました。

 

  1. 無変換キー→英数
  2. 変換キー→かな
  3. Windowsキー→option
  4. 左Altキー→command
  5. 右Altキー→command

 

キーボード

 

 

そのための、Karabiner-Elementsの設定がこちらです。

Karabiner設定

 

 

以上の設定で、キーボードの左端のCtrlキーとCaps Lockキーが入れ替わったままですが、支障は無いので、そのままにしています。

また、Windowsキーボードのカタカナキー(スペースキーの2個右)とメニューキー(スペースキーの4個右)は不使用になります。

 

この最小限の設定で、Windowsキーボードをほぼ、Macのキーボードと同等に使えます。

配列としても、ほとんど違和感は無いと思います。

 

Magic Keyboardと違ってキーボードに厚みがあるので、Magic Trackpadの方が低くなり、手がラクです。

 

ちなみに、このキーボードにはスリープボタンがあるんですが、Macでもきちんとスリープボタンとして機能しますので便利ですよ。