非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Macの写真アプリの修復が終わらない

写真アプリ

 

 

iPhoneで撮りためた写真はiPhone内に蓄積されますが、定期的に、Macの写真アプリに吸い取っています。

ボクがiPhoneを使い始めてから、すでに10年以上、写真の枚数も6万枚以上。

容量で言えば、約200GB近くになっています。

 

つい先日、写真アプリを使っていると、何かの拍子に終了してしまいました。

中途半端な終了だったので、写真のファイルが壊れてしまったようです。

 

あらためて写真アプリを起動すると、復元中の表示になって、待たされるようになりました。

写真復元中

 

 

数パーセント進んだところで、またアプリが落ちてしまうんです。

何度か繰り返すウチに、一度だけ、復元に成功したんですが、今はまた、復元中になってしまっていて、写真を見られないようになっています。

 

 

写真library

 

 

初期状態では、写真のデータは、

 

写真 Library.photoslibrary

 

と言うファイルに保存されています。

これ自体は、一件、ひとつの巨大なファイルです。

ボクの場合、200GB近くあります。

これを右クリックして、

 

パッケージの内容を表示

 

すると、ファイルの中身が見られます。いくつかのフォルダとファイルで構成されています。

従来の写真アプリでは、

 

Masters

 

と言うフォルダがあって、その中に、年月ごとにフォルダがあって、写真が保存されていました。

しかし、今見ると、そんな名前のフォルダは無くなっており、代わりに、

 

originals

 

があります。その中にいくつかのフォルダがあって、写真が保存されています。

恐らく、今月リリースされた、macOS Catalinaで、再構築されたモノと思われます。

 

修復ができないと、写真アプリでは写真の管理ができません。

なので、新しいライブラリを作って、古い(壊れた)ライブラリから写真のファイルだけをコピーすれば良いのかな、と。

 

ここに書いてあります。

 

discussionsjapan.apple.com

 

 

上記の記事は古いので、Mastersと記載されていますが、今回のケースでは、originalsですね。

 

実際にやってみようと思ったんですが、そのためには、新しいライブラリのためのディスク容量が必要です。

ボクの場合は、約200GB。

いま自宅にあるディスクでは、そこまで空き容量はありません。

なので、新たなディスクを調達しようかと検討中。

それまでは、iPhoneで写真を撮っても、写真アプリには保存できません。

はたして、無事に解決するのやら。

新しいディスクの到着待ちです。