非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、ビジネス、金融、経済、不動産、保険、音楽、映画、ニュース、自己啓発その他。

敷金ゼロ

敷金

 

 

最近、賃貸住宅で敷金ゼロ物件が増えていると言うニュースを見ました。

日本の土地の面積って、ほとんど変わりませんよね。

埋め立てで多少は変化しますが。

一方で、日本の人口は激減を継続中です。

 

 

初期費用

 

 

そうすると、不動産を借りる人の数が相対的に減るわけです。

でも、地主は貸さなきゃ生きていけない。

必然的に借りて市場になります。

競争激化ですね。

つまり、安売りです。

 

敷金ってのは、担保のようなモノです。

入居者が家賃や原状回復費を払えないときは、敷金から取りますよ、と。

逆に言えば、支払いに滞りが無い場合は、退去時に敷金は返還されます。

 

でも、入居者から見れば、最初に払う(預ける)敷金の負担は大きいですよね。

例えば家賃が月額9万円の物件に4月11日に入居する場合、敷金1ヶ月分なら、

  • 敷金9万円
  • 4月分日割り家賃6万円
  • 5月分家賃9万円

 

の合計24万円を最初に払うケースが多いです。

それ以外に仲介手数料や保険料、物件によっては礼金も。

数十万円の初期負担です。

 

これを下げてやれば、入居者を募集しやすくなります。

 

最近は、保証会社の保証が普及しています。

敷金を預からなくても、保証会社の保証料があれば、大家さん側はリスクが軽減できます。

つまり、大家さんや管理会社の代わりに保証会社が入居者から取り立てます。

保証料は会社によりますが、年間1万円台とか2万円台とか。

毎年のランニングコストがかかる代わりに、入居時の敷金がいらないわけです。

 

なので、保証料と言う文化が消えていくのかも知れません。

 

ちなみに、昔、家賃保証会社が倒産したコトがあります。

その会社は全国規模だったので、全国の賃貸契約で大混乱が起こりました。

 

ボクはその会社の関係者でしたよ。

ボク自身はそれで失業したので、自分のコトだけで精一杯でしたが。