非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ウェブサイトの広告はあなた次第

広告の仕組み

 

 

このブログを読んでいるみなさん。

ページ内に広告が表示されていますよね。

 

どんな広告が表示されていますか?

 

広告を表示させる業者は、最大手のGoogleを始め、いろんな業者がいるんですが、業者はあなたのネットの巡回を監視していると思ってください。

と言っても、別に、ウイルスを仕込んで24時間追跡していると言う意味ではありません。

あなたが何らかの広告をクリックしたとしましょう。

すると、それを表示している広告業者はそれを学習するわけです。

そして、それに類する広告を今後も表示するようになります。

クリックしたと言うコトは興味があると判断できます。

興味がある広告を出した方が売上につながりやすいからですね。

 

その中で、特にGoogleと言うのは、世界の検索エンジンの覇者であり、数多くの人々の検索を牛耳っています。

あなたがGoogleで何かを検索すると、Googleは、あなたがそれに興味があると知るわけです。

これが他の広告業者には無いGoogleの強みですね。

 

 

その広告はあなた好み

 

 

最近、Twitterを見ていると、

 

ブログにアダルト広告が表示されているのに、そのコトにブログの管理人が気付いていない

 

と指摘するユーザーがいる、と話題になっていました。

 

もうお気づきですよね。

ブログにアダルト広告が表示されるのは、ブログの管理人のせいでは無いのです。

そのブログを見ているユーザーがアダルトコンテンツを見てきた結果なのです。

 

テレビのCMは、見る人に関係無く同じCMが流れます。

でも、インターネット広告は見る人によって違う広告が表示されるのです。

アダルト広告が表示されていると言うコトは、見ているユーザーがアダルトコンテンツを見てきたと言う結果にすぎません。

なので、別のユーザーが同じブログを見たら、別の広告が表示されます。

例えば、ボクなんかは、音楽制作のコンテンツを見るコトが多いので、ボクのネット画面に表示される広告は、楽器や音楽制作アプリのモノが多いです。

 

ブログにアダルト広告が表示されている、と指摘したその人は、自分がアダルト広告を見ているコトを告白したのと同じですね。

 

そんなちょっとした小話があったので、ここにブログ記事として書いてみた次第です。