非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

2000日連続でブログを書いたボクがブログ記事のネタ考案法を書く

能力と努力

 

 

昨日は、ボクが2000日連続でブログを書いたと言う記事を書きました。

ブログを書いたコト自体がブログ記事のネタとなったわけです。

世の中には多くのブログが存在していて、その大半は短期間で消えていきます。

長続きしないんですね。

2000日連続で記事を公開したブログは、全体で言えば、たぶん、0.01%も無いと思います。

繰り返し言って来たコトですが、何かを達成するためには、2つのどちらかが必要です。

その2つとは、

 

  • 能力
  • 努力

 

のいずれかです。

能力は実は難易度が高いです。

例えば、テニスのトーナメントで日本一になる、と言う場合、これはもう並外れた才能が必要です。

努力も必要ですが、同じ努力をした人が全員1位になれるわけではありません。

1位はあくまでも1人だけ。

なので、努力と能力の両方が必要なのです。幸運も必要でしょう。

誰でもできるコトでは無いのです。

 

 

努力は意思

 

 

一方、努力と言うのは、難易度は低いんですね。

ボクは2000日連続でブログを書いたわけですが、これは能力は関係ありません。

単なる意思の問題です。

つまり、努力であり、行動力です。

努力と行動は、誰でもできます。

能力は必要ありません。

意思がある人は全員、可能なんです。

テニスで1位になるのとは違います。

ボクが2000日連続を達成したのは、ボクに能力があるからでは無く、ボクに意思があったからです。

世の中の大半の人は、何かを達成できない時に、能力のせいにしてしまいがちですが、実は、ほとんどは、努力のせいなんですよね。

これも何度も書いて来ましたが、受験で不合格だった人が、

 

「お前は頭が良くていいよな。」

 

と言うと、

 

「努力不足だよ。」

 

と言い返すコトにしています。

受験くらいのレベルであれば、日本一勉強すれば、まず受かります。

ボクは高校3年生の時は、毎日毎日、午前3時まで勉強しました。

恐らく日本一の勉強量だったかもしれません。

つまり、能力では無く、努力で合格しました。

不合格だった人は、そこまでやったでしょうか。

頭の良し悪しでは無く、頭が良くなるための日本一の努力をしていれば、きっと合格したはずです。

 

 

ブログネタ

 

 

ブログが続かない原因のひとつが、ネタ切れです。

しかし、生きている限り、ネタは無限にあるんですよね。

コツは、メモを取ることです。

人間は忘れる生き物ですし、ボクは特に記憶力が悪いので、何か起ったら、すぐにメモを取ります。

例えば今週は、iPhoneを触っていてVoiceOver機能で四苦八苦したので、そのコトをすぐにメモして、後でブログ記事にしました。

とにかくメモします。

プログラミング言語を勉強していて得た知識はメモにして、ブログ記事にします。

買い物帰りに道路を歩いていて、自分の脇をクルマが飛ばしていったコトを目撃したらメモします。

巣鴨の商店街に行って人が多いと感じたらメモします。

タピオカを食べたらメモします。

買い物に行って珍しいモノを見かけたらメモします。

誰かと会って話を聞いたらメモします。

本を読んだらメモします。

選挙があったらメモします。

スポーツ観戦したらメモします。

iPhoneケースを買ったらメモします。

仕事をしたらメモします。

 

とにかく、毎日、大量のメモが貯まります。

これがブログの記事ネタになります。

常にブログネタのストックは数十本、数百本。

メモの中から選ぶだけ。

 

もし、マジメにブログを継続しようとしているのに、ネタが枯渇して困っているのなら、まずはメモを習慣化してみてください。

それとテレビを見る時間を減らすコト。

テレビは効率の悪い情報装置です。

テレビを1時間見るよりも、本を1時間読む方が、あるいは誰かと1時間過ごす方が、圧倒的に多くの情報を得られます。

しかも、テレビは数百万人、数千万人が見ているので、その内容に何の希少価値もありません。

ボクのようにテレビを捨ててしまえば、浮いた時間はすべて別のコトに使えるので、効果絶大です。

 

今までの生活パターンで困っていたのなら、それを変えてみるコトが第一歩です。

 

今回のこの記事を読んで何かを感じたら、明日からでは無く、今から変えてみましょう。